リクルートカード申し込みの流れと注意点を徹底解説!事前に決めておくべきことやリクルートIDの発行方法も。

リクルートカード 申し込み

クレジットカードをいざ申し込もうとなった時に、申し込み画面で入力を迷ってしまう項目があると、面倒な気持ちになりますよね。

リクルートカードの申し込み前に決めておけばスムーズに手続きを進められる点確認しておかないと少し迷ってしまう点を整理しました。

また、リクルートカードの申し込みに必要なリクルートカードIDの発行方法もやすでにリクルートIDを発行しいるかの確認方法も画像付きで解説します。

「リクルートカードを申し込もう!」となった際は、この記事を読んでから申し込みをすれば手続きが少しスムーズになるはずなので、ブックマークして申し込みの前に見てもらえればと思います。

また、実際の画面で申し込み時のポイントや注意点もまとめていきます。

リクルートカードは、今なら最大6,000円分プレゼントの入会キャンペーン中です!!

キャンペーン詳細やリクルートカードのメリット公式ホームページへ。

キャンペーンページを開いて、記事を読みながらでも大丈夫です(別ウィンドウで開くので、この記事を読みながら入力をすすめることができます)。

申し込みの流れ

リクルートカードの申し込みの流れは、カードの発行会社によって異なります。

Master Card/VISA(三菱UFJニコス)の場合

Master Card/VISAの場合の基本的な流れは次のとおりです。

①インターネットで申し込み

(申し込みと同時にオンラインで引き落とし口座の設定可)

②審査

③カード到着

コールセンターによるとカード到着までの目安は1週間~10日程度(場合によっては3~4週間)だそうです。

JCBの場合

JCBの場合の基本的な流れは次のとおりです。

①インターネットで申し込み

②一時審査

③(一次審査に通った場合)引き落とし口座設定の書類が到着

④引き落とし口座設定の書類を返送

⑤最終審査

⑥カード到着

コールセンターによるとカード到着までの目安は2週間程度だそうです。



申し込み前に

リクルートカードの申し込み前に「決めておくと手続きがスムーズにできる点」と「事前に確認しておくとよい点」を整理します。

決めておくこと

クレジットカードの申し込みは、いざ申し込み画面に進むと迷う項目が出てきてなかなか次に進めないことがあります。

申し込み前に決めておけば、スムーズに手続きを進められる点をまとめました。

【申し込み前に決めておくこと】

①カードブランドを決めておく(Master Card/VISA/JCB

ETCカードを発行するか(Master Card/VISAの場合は、発行手数料が発生)

銀聯カードを発行するか(Master Card/VISAの場合のみ)

暗証番号

引き落としの銀行口座

補足:家族カードは本人カード発行後にしか申し込めない

では、それぞれについて詳しく見ていきます。

①国際ブランドを決めておく(Master Card/VISA/JCB

国際ブランドは、Master Card/VISA/JCBの3種類から選べます。

国際ブランドによる主な違いをまとめました。

【リクルートカードの国際ブランドによる主な違い】

Master Card VISA JCB
発行会社  三菱UFJニコス株式会社  株式会社ジェーシービー
電子マネー

チャージ

nanaco

モバイルSuica

楽天Edy

SMART ICOCA

nanaco

モバイルSuica

Apple Pay

対応

App 内や Web 上では非対応

対応

家族カード

最大発行枚数:19枚まで

年会費:無料

最大発行枚数:8枚まで

年会費:無料

ETCカード

発行手数料:1,000円(税別)

年会費:無料

発行手数料:無料

年会費:無料

銀聯カード 発行手数料:本人会員1,000円(税別)

家族会員300円(税別)

年会費:無料

取り扱いなし
登録型リボ払いの設定&利用キャンペーン 「楽Pay」の登録&利用で

1,000円分プレゼント

「支払い名人」の登録&利用で1,500円キャッシュバック
発行までの

日数の目安

1週間~10日

オンラインで引き落とし口座を設定した場合

2週間

オンラインで引き落とし口座の設定はできない

参考:リクルートカード カードの機能

発行までの日数の目安の詳しいことやカードの発行を早くするコツは別の記事にまとめました。

リクルートカード審査の体験談!最速で発行するコツや到着までの日数を公開。
電子マネーへのチャージに対しても1.2%分のポイントがたまるリクルートカード。 これまではnanacoへのチャージはP-one...

銀聯(ぎんれん)カードは、中国で幅広く利用できるショッピング専用クレジットカードです(後述)。JCBでは利用できないので、銀聯カードを利用したい場合は、Master CardかVISAを選択します。

登録型リボ払いの登録&利用キャンペーンは、三菱UFJニコスで「楽Pay利用で1,000円分プレゼント」、JCBで「「支払い名人」新規登録・利用でもれなく1,500円!」とそれぞれ実施されています。

登録型リボ払いとは、例えば毎月の支払い額を3万円に設定してショッピング金額が3万円を超えた場合は、超えた金額だけ翌月に支払いが繰り越されて金利が発生する仕組みです(この例では3万円を超えなければ金利は発生しません)。ですので、下手に登録してショッピングをたくさん利用すると、キャンペーンでもらえる金額を超えて金利がかかってしまう可能性があるので注意が必要です。

興味のある方は、キャンペーンの詳細はホームページで確認してみてください。

参考:NEWS+PLUS リクルートカード会員様限定 もれなく1,000円分ポイントプレゼント!

参考:「支払い名人」新規登録・利用でもれなく1,500円!

これらの国際ブランドによる特徴の違いから、パターン別のおすすめ国際ブランドはこのようになります。

Master Card VISA JCB
楽天Edy・SMART ICOCAの

チャージでポイントをためたい

×
Apple PayApp 内や Web 上でも使いたい ×
家族カードを9枚以上発行したい ×
ETCカードを発行手数料無料で

発行したい

× ×
銀聯カードを発行したい ×
とにかくカードが早くほしい ×

このように比較してみると、MasterCardはETCカードの発行を希望しない場合であれば、ここの挙げたすべてのニーズをカバーできる内容になっています。

その他、旅行損害保険やショッピング保険は、取り扱い代理店や保険の種類が違うので細かい違いはあるようです。ただし、主な補償金額は同じです。

②ETCカードを発行するか

リクルートカードは、ETCカードを発行することができます

家族会員に対しても家族会員の人数分発行することができます(家族カード2枚ならばETCカードも2枚まで発行可)。

どのカードブランドであってもETCカードの年会費は無料ですが、発行手数料はカードブランドによって異なります。

MasterCardとVISAの場合は、ETCカードの発行手数料が1,000円(税別)、JCBカードの場合は無料です。

MasterCard VISA JCB
本人会員のETCカード 発行手数料 1,000円(税別) 無料
年会費 無料
家族会員のETCカード 発行手数料 1,000円(税別) 無料
年会費 無料

なお、更新時には発行手数料はかかりません。紛失して再発行の場合は1,000円(税抜)がかかります。

ETCカードも後から申し込むこともできますが、カード申し込みと同時の申し込みだと「申し込む」にチェックをするだけなので楽です。

③銀聯カードを発行するか(Master Card/VISAの場合のみ)

銀聯(ぎんれん)カードは、中国で幅広く利用できるショッピング専用クレジットカードです。中国への旅行や出張が多い人は検討してもいいかもしれません。

年会費は無料です。ただし、本人会員は1,000円(税別)、家族会員は300円の発行手数料がかかります。この発行手数料は、5年ごとの更新時にもかかります

銀聯カードは、入会後に申し込むこともできます。

参考:三菱UFJニコス 銀聯(ぎんれん)カード

④暗証番号

申し込み時に暗証番号(数字4桁)を決めて入力します。

生年月日、電話番号、住所、4桁の同じ数字などは指定できません。

⑤引き落としの銀行口座

引き落としの銀行口座をどれにするか決めておきます。

MasterCard/VISAの場合は、オンラインで引き落とし口座の設定ができます。

JCBの場合は、カード発行後に郵送で引き落とし口座を設定するので、申し込み時には決まってなくても大丈夫です。

リクルートカードの引き落とし口座に設定できるのは、本人会員と同一の名義の個人口座のみです(家族会員の口座はNG)。

対象の金融機関は各カード会社ごとにホームページで確認できます。

【MasterCard/VISAの場合】

参考:三菱UFJニコス オンライン口座振替サービスの詳細

三菱UFJニコスのコールセンターによると、上記オンライン口座振替が利用できなくても郵送での設定ならば受け付けられる金融機関もあるとのことです。ただし、ホームページ上にまとまっているページはないので、電話で利用できる金融機関かどうか確認する必要あります。

【JCBの場合】

参考:JCBカード お支払い方法 カードご利用代金お支払い口座の設定について

補足:家族カードは本人カード発行後にしか申し込めない

補足として、家族カードは本人カード発行後にしか申し込めません。ですので、家族カードを申し込むかどうかは申し込み時に決まっていなくても大丈夫です。

リクルートカードの家族カードは、年会費無料です(2年目以降も)。

家族会員の入会条件は次のとおりです。

※お申込みは本会員様と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方に限ります。

※本会員様が学生の場合は家族会員カードの発行はできません。

出典:リクルートカード 家族カードについて

コールセンターに確認したところ、自身がすでにリクルートカードの本人カードを持っていたとしても、家族として家族カードを発行することは可能だそうです(妻がリクルートカードを妻名義で持っていても、夫が作ったリクルートカードの家族会員にもなれる)。



確認しておくこと

次に途中で入力を求められるけれど、確認しておかないと少し迷ってしまう点を挙げておきます。

【事前に確認しておくと申し込みがスムーズな項目】

リクルートIDをすでに発行しているかの確認、発行している場合はパスワードも

お勤め先の直通電話番号

お勤め先の資本金 ⇒「5億円以上、3億以上、1億以上、3,000万円以上、1,000万円以上、1,000万円未満、資本金なし(不明)」から選択

(JCBの場合は入力はなし)

お勤め先の従業員数 ⇒「1,000人以上、100~999人、100名未満、不明」から選択

(JCBの場合は入力は任意ですが、より細かい区分から選択)

入社年月

(JCBの場合は入力は任意)

年収

借入状況

勤務先の電話番号はの直通を記入する欄があります。覚えていない場合は、名刺などを手元に用意して申し込みをするとスムーズです。資本金や従業員数はネットなどで調べないとわからない人も多いのでは。「不明」という選択肢もありますが、審査への影響も考えてできればきちんと入力したいです。

なお、職業欄を「主婦」にした場合でも、夫の勤務先や年収の入力は求められません。また、自身の金融資産を問う項目もありません。自身の年収(副業などある場合)、借り入れ残高は記入が必要です。

申し込み時期のポイント

リクルートカードは、6,000円分のポイントがもらえる入会キャンペーンを実施していることが多いです。

ただし、そのキャンペーンの最中に不定期で「3日間限定!8,000円分のポイントがもらえる」というポイントアップのキャンペーンが開催されることがあります。

通常の入会キャンペーンとしてもらえる6,000円分にプラス2,000円で合計8,000円分のポイントがもらえます。

これは3日間限定が月に何回も実施されることが多く、例えば2017年4月は15日間も8,000円のポイントアップが実施されていました。実に1か月の半分ですね。ただし、2017年5月11日時点では5月にはまだ1回も8,000円分のポイントアップは実施されていないので、今後も開催されるのかやいつ実施されるのかはわかりません。

これまではどのくらいの頻度で8,000円分プレゼントのキャンペーンが開催されているかは、過去のキャンペーン一覧で確認することができます。

参考:リクルートカード キャンペーン一覧

今後も8,000円分プレゼントのキャンペーンが実施されるかはわかりませんが、急ぎでないという場合は何日か様子を見て8,000円キャンペーンが実施されてないか確認してから申し込むという手もあります。(私は申し込みのすぐ後に8,000円キャンペーンが始まってショックでした・・・)

現在のキャンペーン金額公式ホームページへで確認できます。

(このバナーでは8,000円のポイントアップ期間でも6,000円と表示されています!実際に公式ホームページで確認してみてください)

申し込み時間のポイント

オンラインでの引き落とし口座の設定(Master Card/VISAのみ可能)を希望する場合は、引き落とし口座に設定する金融機関のサービスの停止期間や定期メンテナンスの時間帯をチェックしておきましょう。

参考:三菱UFJニコス オンライン口座振替サービスの詳細

その時間帯に申し込むと、オンライン口座振替(オンラインでの引き落とし口座の設定)サービスが利用できず、後日郵送での引き落とし口座の設定が必要になってしまいます。

リクルートID

リクルートカードの申し込みにはリクルートIDが必要です。持っていない場合は、新規発行しなければいけません。

リクルートIDが必要

リクルートIDとはリクルートの各サービスを利用する際に共通で使えるIDです。

じゃらん、HOT PEPPERグルメ、ポンパレモール、リクナビNEXT、SUUMOなどサービスは多岐にわたります。

リクルートのサービスの1つであるリクルートカードの申し込みでもリクルートIDが必要になります。

これらのサービスでリクルートIDを使って予約をしたりショッピングをすることでPontaポイントがたまります。

リクルートIDは登録したメールアドレスがそのままIDになります。

(例えば、登録するメールアドレスを「abcde@yahoo.co.jp」にしたら、リクルートIDは「abcde@yahoo.co.jp」になります)

IDは登録するメールアドレスを変えることで変更できますが、好きな文字列に変更することはできません。

リクルートIDの調べ方

リクルートIDを発行しいているか忘れてしまった場合は、リクルートIDのサイトから確認できます。

参考:リクルートID ログインのID・パスワードを忘れた場合は?

「リクルートIDの確認」というボタンをクリックし、必要事項を入力します。リクルートIDの登録が見つかった場合のみ登録のメールアドレスにその旨が送信されます。

リクルートIDの確認

リクルートIDはわかるけれどパスワードがわからないという場合は再設定ができます。

参考:リクルートID ログインのID・パスワードを忘れた場合は?

パスワードを忘れてしまっている場合は、リクルートカードの申し込み前に再設定をしてしまいましょう。



リクルートIDの発行方法

リクルートカードをまだ持っていないという人は、リクルートカードの申し込みにはリクルートIDを発行してそのままリクルートカードの発行手続きに移ることができます。

(すでにリクルートIDを持っている場合は、この章は飛ばしてください)

公式ホームページの申し込みページを表示します。

(下のバナーからも同じページに飛びます。別ウィンドウで開くので、この記事を読みながら入力をすすめることができます)

「カードのお申し込みはこちら」をクリックします。

リクルートID 新規登録1

②右の「まだリクルートIDをお持ちでない方」から「新規会員登録へ」をクリックします。

リクルートID 新規登録2

③リクルートIDとして登録するメールアドレスを入力します。

リクルートID 新規登録3

登録したメールアドレスにメールが送信されたとのメッセージが出ます。

リクルートID 新規登録4

④登録したメールアドレスでリクルートカードからのメールを確認し、メール本文中のURLをクリックします(URLは24時間だけ有効)。

リクルートID 新規登録5

⑤リクルートIDの登録のために、「パスワード」、「氏名」、「生年月日」、「性別」を入力します。

リクルートID 新規登録6

リクルートIDの規約などに同意して確認画面に進みます。

リクルートID 新規登録7

⑥確認をして「登録する」ボタンをクリックします。

リクルートID 新規登録8

⑦リクルートカードの申し込み画面に自動的に遷移します。

リクルートID 新規登録9

左上には登録されたリクルートID(=登録したメールアドレス)が表示されます。




申し込み方法

では、リクルートカードの申し込み手続きに移ります。

リクルートカードは、インターネットからのみ申し込めます(電話や郵送での受付はしていません)。

手元に準備するもの

リクルートカードの申し込みをする際は、次のものがわかるように準備しておきましょう。

リクルートID、パスワード

運転免許証

・引き落とし口座に設定する口座の口座番号などがわかるもの(通帳など)

運転免許証を持っている場合は、運転免許証番号の入力が必要なので、手元に運転免許証を準備しておきましょう。

申し込み画面

リクルートカード(JCB)より発行が早いとされるリクルートカード(MasterCard/VISA)の申し込みについて、実際の申し込み画面で説明していきます。

(リクルートカードはカード発行会社によって申し込み画面が異なります)

公式ホームページの申し込みページを表示します。

(下のバナーからも同じページに飛びます。別ウィンドウで開くので、この記事を読みながら入力をすすめることができます)

「カードのお申し込みはこちら」をクリックします。

リクルートID 新規登録1

③左の「リクルートIDをお持ちの方」にリクルートIDとパスワードを入力してログインします。

リクルートカード 申し込み2

④入力したリクルートIDが表示されるので、もう一度パスワードを入力します。

リクルートカード申し込み3

⑤国際ブランドを選択します。

②でリクルートIDの新規登録画面から進んだ場合は、リクルートIDの登録後にこのページに遷移します。

(今回はMaster CardもしくはVISAを選んだ場合の申し込み画面の説明をします)

リクルートカード申し込み4

ポイント!

「リクルートカードを最速で発行するコツ!」という記事に書きましたが、原則としてJCBに比べてMaster CardかVISAのほうがカード発行までにかかる日数が短いです。急ぎでカードを発行したい人はその他の特徴(この記事の「リクルートカードの申し込み前に決めておくこと」でもまとめています)も考慮したうえでMaster CardかVISAを選びましょう。

⑥カードの種類を選択します。

(今回は「一般カード」を選んだ場合の申し込み画面の説明をします)

リクルートカード申し込み5

⑦会員規約などを確認します。

リクルートカード申し込み6

⑧オンライン入会時の「WEB明細チェック登録」について確認します。

リクルートカード申し込み7

オンラインで申し込みをした人は、明細を郵送ではなくWEBで確認する仕組みになっています。

⑨氏名、生年月日、性別、職業、住所、電話番号などを入力します。

リクルートカード申し込み8(氏名、生年月日)

リクルートカード申し込み9(職業、住所)

⑩住まいや家族の情報を入力します。

リクルートカード申し込み10(住まい、家族)

⑪お勤めの方は勤務先の情報を入力します。勤務先の直通の電話番号や資本金、従業員数、入社年月などの情報も必要です。

リクルートカード申し込み11(勤務先情報)

リクルートカード申し込み12(勤務先2)

主婦の方にはこの勤務先情報の項目は出てきません(配偶者の勤務先情報の入力も求められません)。

⑫年収、借り入れ状況、キャッシング希望枠を入力します。

リクルートカード申し込み13(年収、キャッシング)

ポイント!

リクルートカードのコールセンターによると、キャッシング枠をつけるには審査があるため、キャッシング枠を0円にすると審査が早く進むとのことです。キャッシングが不要な場合は、「その他」を選択して「0」万円と入力しましょう。なお、入会後にキャッシング枠を申請することは可能です(審査あり)。

「0」万円にすると、「ほんとにキャッシング枠なしでいいんですか?」というようなメッセージが出てきますが、無視してなしで進めて大丈夫です。

⑬登録型リボ「楽Pay」の申し込みを選択します。

リクルートカード申し込み14(楽Pay)

迷ったらここはひとまず「申し込まない」でOKです。

「楽Pay利用で1,000円分プレゼント」というのは、楽Payという登録型リボ払いに3万円以下のリボ払いを設定して、1万円以上利用した場合に1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンです。楽Payでは、例えば毎月の支払い額を3万円に設定して支払いが3万円を超えた場合は、超えた金額に対して金利が発生します(3万円を超えなければ金利は発生しません)。ですので、下手に登録してショッピングをたくさん利用すると、キャンペーンでもらえる1,000円分を超えて金利がかかってしまう可能性があります。

つまり、このキャンペーンに参加してメリットが出る人は、「月3万円以上はリクルートカードを利用しない」もしくは「月3万円以上利用しても決められた日までにATMで増額返済をできる」というマメなことができる人ということになります。

「リボは絶対使いたくない」、「1,000円分のポイントのために面倒なことは無理!」と思う人は、「申し込まない」でOKです。入会後でも期間内であれば申し込みは可能です。

⑭暗証番号を決めて入力します。ETCカードの申し込みを選択します。

リクルートカード申し込み15(暗証番号、ETCカード)

ETCカードはMaster Card/VISAの場合は、発行手数料が1,000円(税別)かかります。

発行を迷ったらひとまず「申し込まない」でOKです。入会後に申し込むこともできます。

⑮銀聯カードの申し込みを選択します。携帯電話料金の支払いの申し込みを選択します。

リクルートカード申し込み16

銀聯(ぎんれん)カードは、中国で幅広く利用できるショッピング専用クレジットカードです。

年会費は無料ですが、本人会員は発行手数料1,000円(税別)が新規発行時以外に5年ごとの更新時にもかかります。

発行を迷ったらひとまず「申し込まない」でOKです。入会後に申し込むこともできます。

リクルートカードで携帯電話料金の支払いを設定すると、入会キャンペーンとして4,000円分のポイントがプレゼントされます。このキャンペーンを利用したい場合は、上の画面で申し込んでしまうのが楽です。入会後に申し込んでもキャンペーンの対象にはなります。ただし、「携帯電話料金の利用日」がカード発行翌日から60日以内でないと対象外となってしまうので、カード発行後にすぐ自身で携帯電話会社に連絡して引き落とし口座変更の手続きをする必要があります。

参考:リクルートカード 入会キャンペーン

⑯支払い口座を選択します。

リクルートカード申し込み17

ポイント!

赤枠で囲ったオンラインで引き落とし口座が設定できる金融機関を選択すると、申し込みと同時に引き落とし口座が設定が完了し手間が省けるうえにカードの発行が早くなるそうです。

ただし、対象の金融機関であっても、サービスの停止期間や定期メンテナンスの時間帯はオンライン口座振替サービスが利用できないので注意が必要です。

参考:三菱ニコス オンライン口座振替サービスの詳細

⑰オンライン口座振替サービスの説明を読みます。

リクルートカード申し込み18

口座番号などを入力します。

リクルートカード申し込み19

「金融機関のページを表示する」をクリックします。

リクルートカード申し込み20

ここからは各金融機関のページに移動するので、必要な設定をします。

なお、金融機関のページを途中で閉じてしまうなどすると、オンラインでの引き落とし口座設定ができなく鳴る可能性があるので注意が必要です(私は別のクレジットカードですが、金融機関のページを途中でうっかり閉じてしまい郵送での引き落とし口座の設定が必要になってしまいました)。

「次へ」ボタンをクリックします。

リクルートカード申し込み22

⑱リクルートカードのページに戻るので、最後に申し込み内容の確認をします。

リクルートカード申し込み21(確認)

⑲申し込みが完了するとこのような画面が表示され、カードの審査結果の確認ができる照会番号が発行されます。

リクルートカード申し込み23(完了)

まとめ

今回は、リクルートカードの申し込みをする際に事前に決めておきたいことやリクルートIDの発行方法、申し込み手順をまとめました。

ここでポイントを確認したので、申し込み時の入力がスムーズになるはずです。

今回の記事内でも紹介したコールセンターに確認したリクルートカードを最速で発行するコツについて詳しくまとめた記事はこちら。

リクルートカード審査の体験談!最速で発行するコツや到着までの日数を公開。
電子マネーへのチャージに対しても1.2%分のポイントがたまるリクルートカード。 これまではnanacoへのチャージはP-one...

リクルートカードは、今なら最大6,000円分プレゼントの入会キャンペーン中です!!

キャンペーン詳細やリクルートカードのメリット公式ホームページへ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする