ドコモのシンプルプランに変更してみた!申し込み前に絶対に確認しておきたい注意点や手順を解説。

ドコモ シンプルプラン申し込み

2017年5月24日から受付がスタートされたドコモのシンプルプラン。わが家は早速変更の手続きをしてみました。

今回は、シンプルプランへ変更する際に事前に確認しておくべきことや実際の申し込み画面についてまとめていきます。

シンプルプランの特徴やシンプルプランに変更したほうがお得かどうかの試算方法は別の記事に詳しくまとめましたので、こちらもご参照ください。

ドコモのシンプルプランは通話が少ないと本当にお得?注意点やメリットがあるパターンを徹底解説!
ドコモの新料金プラン『シンプルプラン』の受付がスタートしました。 公式ホームページには“通話が少ない人のため”のプランとありま...

dカードGOLDは

今なら最大12,000円相当プレゼントの入会キャンペーン中!!

ドコモユーザーならdカードGOLDは必携!!

☑ケータイ・ドコモ光利用料金の10%分のポイントがたまる!

☑ためたポイントで毎月のケータイ料金の支払いができる!

最大10万円キャッシュバックのdカード ケータイ補償!

☑充実した海外旅行傷害保険が自動付帯などの豊富な特典!




変更内容について

わが家は夫婦でドコモを契約していますが、夫のみカケホーダイプランからシンプルプランに変更することにしました。シェアパックグループ内でも例えば夫のみといったように一部だけ基本プランを変更することができます。

家族ごとに通話のスタイルが違っても、それぞれプランを見直せるのでうまく節約することができますね。

変更理由

夫の電話履歴のほとんどが家族との通話だったため、現在契約しているカケホーダイプランよりもシンプルプランに変更したほうが料金が安くなると判断しました。シンプルプランはファミリー割引グループ内の国内通話は無料になる一方で、その他の通話には30秒ごとに20円支払う仕組みです。

月に何分以内の電話であればカケホーダイプランもしくはカケホーダイライトプランよりシンプルプランがお得になるかの試算は別の記事にまとめました。

事前に確認すべきことと注意点

シンプルプランを申し込むにあたって、事前に確認すべきことや主な注意点をまとめます。

特に①と②は確認を忘れないようにすることを絶対におすすめします。

①ファミリー割引グループの契約内容を確認

シンプルプランの特徴はファミリー割引グループ内の国内通話が無料であることですが、このファミリー割引グループをすでに契約しているか、契約している場合誰がファミリー割引グループにいるのか等を確認しておく必要があります。万が一、勘違いしてファミリー割引グループに契約していない家族に対して長電話をしてしまうと、30秒ごとに20円がかかってしまうので要注意です。

ドコモインフォメーションセンターによると、ファミリー割引を契約しているかどうかはMy docomoの契約内容の確認ページから確認できるものの、子回線の場合に誰が代表回線かや誰がグループに属しているかまでは表示されないとのことでした。自分の属するファミリー割引グループについて契約内容を忘れてしまった場合はどうすればよいのでしょうか。

◆自分がファミリー割引グループの代表回線の場合

ドコモのコールセンターによると、自分がファミリー割引グループの代表回線の場合はドコモインフォメーションセンターに電話して、「090-○○○○-××××は自分のファミリー割引グループに登録されていますか」と具体的な電話番号を挙げることで、自分のファミリー割引グループに属する回線を確認できます。ただし、自分のファミリー割引グループに属している回線が何であるか教えてほしい(具体的な電話番号が自分ではわからない)ということになると、ドコモショップに本人確認資料を持って来店する必要があります。

月々の請求書の下のほうにファミリー割引グループの回線が記載されていることもあるそうですが、請求が別などの場合はすべてが掲載されているとは限らないとのことでした。

◆自分がファミリー割引グループの子回線の場合

自分がファミリー割引グループの代表回線でない(子回線である)場合は、ドコモインフォメーションセンターに電話して、「090-○○○○-××××は自分のファミリー割引グループの代表回線ですか」と具体的な電話番号を挙げることで代表回線を確認できます。どれが代表回線なのかまったくわからないという場合は、ドコモショップに本人確認資料を持って来店すると代表回線の電話番号を教えてくれるとのことです。ただし、そのグループにその他に誰が属しているかは、ドコモインフォメーションセンターでもドコモショップでも教えてもらうことはできません。代表回線の契約者に確認するということになります。

少しややこしいですが、まずはドコモインフォメーションセンターに電話をして自身のファミリー割引グループの状況を確認するのが一番だと思います。

もし、ファミリー割引グループに未契約の場合は、必要に応じて登録しましょう。こちらもパターン(新たにグループを作成するか、既存のグループに加入するかなど)によって手続き方法が違うので、まずはドコモインフォメーションセンターへの問い合わせをおすすめします。

②通話履歴を確認

わが家の場合、夫は家族以外にはほとんど電話をしていないはずという自己申告だったのですが、実際に通話履歴を確認したところ家族以外にもちょこちょこと通話しているのが積もり積もって20分程度になる月もあることがわかりました。わが家の場合は結局カケホーダイプランよりはシンプルプランのほうがお得と判断できましたが、お店の予約や待ち合わせの時の電話は記憶に残らないものの、実は結構電話をしているという場合もあるのではないでしょうか。

料金明細発行サービス(WEB)を申し込むと、当月含め過去4か月分の通話の履歴を無料で確認することができます

「絶対に家族以外にはほぼかけていない」と自信がある場合以外は、料金明細発行サービス(WEB)で履歴を確認すると安心です。場合によってはカケホーダイプランやカケホーダイライトプランのほうがお得ということもあるかもしれません。

料金明細発行サービス

出典:料金明細発行サービス

通話時間通話料も記載されているので、通話の状況を見直せます。

通話時間からどの基本プランがよいか選ぶ方法はこちらの記事にまとめています。

ドコモのシンプルプランは通話が少ないと本当にお得?注意点やメリットがあるパターンを徹底解説!
ドコモの新料金プラン『シンプルプラン』の受付がスタートしました。 公式ホームページには“通話が少ない人のため”のプランとありま...

料金明細発行サービス(WEB)は無料ですが申し込みが必要で、申し込んでから明細が見られるようになるまで5日程度かかるので、2017年6月からシンプルプランを適用したい場合は早めに申し込んで通話履歴を確認しましょう。

③適用は翌月からにチェック

シンプルプランへのプラン変更の場合は、原則として適用開始月を「翌月から適用」にチェックします

シンプルプランへの変更 適用開始月

「原則として」というのは、Xi総合プラン(タイプXi にねん等)からシンプルプランへの変更の際は、「本日から適用」も選択することができるからです。ただし、「本日から適用」を選択した場合は、その月の初めにさかのぼってシンプルプランの通話料が適用されるといった場合もあるので、申し込み画面の途中に出てくる注意事項をよく読んで自身が「来月から適用」と「本日から適用」のどちらがお得か考える必要があります。

なお、カケホーダイプランもしくはカケホーダイライトプランからシンプルプランへの変更の場合は、必ず「来月から適用」を選択します。間違えて「来月から適用」でなく「本日から適用」を選択してしまった場合には、次に進むボタンを押すとこのようなエラーメッセージが出ます。

シンプルプランへの変更 適用開始月エラー

ここでは申し込み時の主な注意点についてまとめましたので、その他シンプルプランの料金などに関する一般的な注意点(一部の割引キャンペーンの適用対象外となる等)は別の記事にまとめました。



申し込み手順

dメニューからのシンプルプランへの申し込み手順(カケホーダイプラン[スマホ]からシンプルプラン[スマホ]への変更の場合)を画像つきで解説します。

①dメニューをクリックします。

DAZN for docomo申し込み1

②My docomo(お客様サポート)をクリックします。

DAZN for docomo申し込み2

③「ご契約内容の確認・変更」をクリックします(ページの真ん中よりちょっと上くらい)。

DAZN for docomo申し込み3

④ログインします

DAZN for docomo申し込み4

⑤ドコモオンライン手続きの画面が表示されるので、2ページ目に移動します。

シンプルプランへの変更5

2ページ目の1番上の『ご契約プラン』の「変更」をクリックします。

シンプルプランへの変更6

⑥料金プラン変更の手続き画面に移動します。

シンプルプランへの変更7

カケホーダイプランもしくはカケホーダイライトプランからの変更の場合は、必ず「来月から適用」を選択してくださいとのシンプルプランへの変更時の注意が表示されます。

シンプルプランへの変更8

現在の料金プランが表示されているので、変更したい料金プランを選択します。

シンプルプランへの変更9

シンプルプラン(スマホ)を選択して、注意事項をよく読んでから同意するにチェックを入れます。

シンプルプランへの変更10

適用開始日は「来月から適用する」を選択します。

シンプルプランへの変更11

申込書交付方法を選択して「次へ」を押します。

シンプルプランへの変更12

⑦シェアパック・ウルトラシェアパックなどの契約状況の確認画面に遷移します。

シンプルプランへの変更13

パケットパックの現在の契約状況を確認します。

シンプルプランはシェアパックへの加入が必須なので、ここでシェアパックを契約している場合は問題ありません。

シンプルプランへの変更14

シェアパックを契約していない場合は、「シェアパックのお手続き」を選択して希望のシェアパックを契約します。

シンプルプランへの変更15

⑧Xi総合プランからシンプルプランへの変更の場合の注意事項が表示されるので、確認して次へを押します。

シンプルプランへの変更16

⑨手続き内容の確認画面が表示されます。

シンプルプランへの変更17

シンプルプランへの変更18

変更内容を確認して「手続きを完了する」ボタンを押します。

シンプルプランへの変更19

⑩手続きが完了の画面が表示されれば手続きは完了です。

シンプルプランへの変更20



まとめ

シンプルプランは家族でドコモに契約していてすでにシェアパックを契約しているユーザーのうち、通話はほぼしないもしくは通話は家族間でしかしないという場合などにメリットが出る通話プランです。家族のうち1人だけシンプルプランに変更することもできます。

どのような通話状況だとシンプルプランでメリットが出るのか具体的な数字でまとめている記事もあるのでご参照ください。

ドコモのシンプルプランは通話が少ないと本当にお得?注意点やメリットがあるパターンを徹底解説!
ドコモの新料金プラン『シンプルプラン』の受付がスタートしました。 公式ホームページには“通話が少ない人のため”のプランとありま...

2017年6月1日からは新サービス「docomo with」もスタート!月々の料金からずっと1,500円割引される画期的なサービス。

docomo withは本当にお得?月々サポートや端末購入サポートと比較してお得か試算してみた。
2017年6月からdocomo with(ドコモ ウィズ)というサービスが開始されました。 なんと月々の利用料金からずっと1,...

シンプルプランを検討している方にわが家も実践しているケータイ料金の節約方法をお伝えします!

家族でドコモを契約しているor1人で大容量パケットパックを契約している場合、dカードGOLDを作って、大量にたまるポイントでケータイ料金の支払いができます

現在、ケータイ・ドコモ光利用料金に対してdポイントが毎月90ポイント超付与されている(ざっくり毎月のドコモ利用料金が9,000円超)ならば、dカードGOLDを作らないともったいない!年会費相当を上回るポイントを獲得できるうえに充実した特典が利用できて断然お得になります!

dカードGOLDならば、ケータイ・ドコモ利用料金のポイント還元率が1%→10%に。しかも、ケータイ・ドコモ利用料金のdカードGOLDでの決済は必須条件ではないので、dカードGOLDを契約しているだけでポイントがたまります!

「dカードGOLDを作ったら、自分は何ポイントもらえるのか知りたい!お得になるの?」という方には、こちらの記事がおすすめ。

dカードGOLDを作るとお得か一番簡単にわかる方法!実際に自分が獲得できるポイント数は?ためたポイントでケータイ料金が割引に。
ドコモが発行するクレジットカードであるdカードGOLD。契約者がどんどん増えて2017年9月に会員数が300万を突破しました。 ...

dカードGOLDは

今なら最大12,000円相当プレゼントの入会キャンペーン中!!

ドコモユーザーならdカードGOLDは必携!!

☑ケータイ・ドコモ光利用料金の10%分のポイントがたまる!

☑ためたポイントで毎月のケータイ料金の支払いができる!

最大10万円キャッシュバックのdカード ケータイ補償!

☑充実した海外旅行傷害保険が自動付帯などの豊富な特典!

公式サイトのdカードGOLDの内容は、とてもよくまとまっていてわかりやすいです。

dカードGOLDの魅力を伝えます!私も初めは興味がなかったのですが、作ってみたらベストスリーに入るお気に入りクレジットカードになりました。

dカードGOLDは何がお得?特典とメリットを厳選して紹介&こんな人におすすめ。
dカードGOLDの魅力のすべてを別の記事で書きましたが、dカードGOLDはメリットが多すぎてだいぶボリュームのある内容になってしまい...

<NEWS>

dカードGOLDの契約者は、どんどん増えて2017年9月に会員数が300万を突破しました。ドコモユーザーにとってお得なことが知られてきたせいか、ドコモユーザーはかなりの割合でdカードGOLDを持っている計算です。

参考:ドコモ報道発表 「dカード GOLD」の会員数が300万を突破<2017年9月13日>

日経トレンディ2017年10月号のクレジットカード特集では、dカードGOLDがゴールドカードランキングで堂々の第1位に選ばれていました!!

dカードGOLD(日経トレンディ 2017年10月)

出典:日経トレンディ 2017年10月号(日経BP社)

dカードGOLDが実際にお得で注目度・人気が高いことが伺えます。

2018年5月から始まるずっとドコモ割プラス。どのように利用するとお得かまとめました。

「ずっとドコモ割プラス」は実際にお得?変更点を徹底解説!割引額や注意点、dポイントクラブのリニューアル内容も。
2018年5月にdポイントクラブがリニューアルされることが発表されました。それに伴いこれまでのずっとドコモ割も「ずっとドコモ割プラス」と...

ドコモ契約者には、ドコモ光がおすすめ!

光セット割が適用される以外に、dカードGOLDを契約していればマンションタイプなら毎月400ポイント(=400円相当)、戸建てタイプならが毎月500ポイント(=500円相当)たまるので、ケータイ料金とインターネット料金を節約できます。

GMOとくとくBB-ドコモ光-

GMOとくとくBB ドコモ光では今ならキャッシュバックキャンペーン中!
詳細は公式ホームページから。

新規開通の方はこちら→GMOとくとくBB ドコモ光(新規開通)
転用の方はこちら→GMOとくとくBB ドコモ光 ドコモ光(転用)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする