記帳を忘れても大丈夫!合計記帳を避けるための一番簡単な方法【三菱東京UFJユーザー必見】

dsc_0131

三菱東京UFJ銀行の口座を持っている皆さん、最近通帳に記帳をしましたか?

そういえばもう長いことしていないなぁと思った方は、ATMに行って記帳をしてみてください。もしかしたら、たくさんあるはずの入出金明細の代わりに「合計記帳」という文字が印字されるかもしれません。

ただ、私の普通預金通帳は、長ーい間記帳していなくても合計記帳されることがありませんなぜなら、合計記帳をされないような手続きを取っているからです。

この記事では、三菱東京UFJ銀行の普通預金通帳で合計記帳をされないようにするとっても単純な裏技を紹介します!

裏技といっても正式な手続きですが、ざっと検索してみてもこの方法について記載された情報などは見当たらなかったので、あまり知られていないのかなと思います。



合計記帳とは

忙しいとついついATMに行きそびれてしまい、未記帳が貯まってしまう通帳。

長い期間記帳しないでATMに行ってみると、たくさん明細が印字されるはずなのにやたら早く通帳が出てきたな・・・ん、なんだこれは!

dsc_0128

合計記帳?

三菱東京UFJ銀行の普通預金・貯蓄預金の通帳は、長い間記帳をしないとその間の入出金の合計件数と合計金額を「合計記帳」としてまとめられてしまう仕組みになっています。

三菱東京UFJ銀行のホームページによると、合計記帳されてしまう対象は次のとおりです。

実施日:5月・11月(第3土曜日)

対 象:3月(9月)の月末営業日時点で、通帳にご記帳いただいていない明細が一定件数以上ある口座が対象になります。

出典:三菱東京UFJ銀行 合計記帳

「一定件数以上」とはどの程度か三菱東京UFJ銀行に確認したところ、入出金で合わせて10件以上とのことでした。入出金で10件以上は少し記帳をさぼるとすぐにたまってしまいますよね。

まとめると、合計記帳の決まりは次の通りです。

3月末の未記帳が10件以上⇒5月第3土曜日に合計記帳が実施

9月末の未記帳が10件以上⇒11月第3土曜日に合計記帳が実施

つまり、半年に1回(5月の第3金曜日までと11月の第3金曜日まで)記帳をすれば合計記帳になることはないということです。3月中に記帳ができなくても5月第3金曜日までに記帳すればセーフです。

え、まさか「半年に1回は記帳してください」が裏技!?いえいえ、そんなことではありませんのでご安心を。半年に1回を忘れずにまめに記帳ができていれば困っていないですよね・・・私もまめな性格でなかったので、明細を100件以上も貯めてしまうこともありました。

きちんと記帳しなかった自分が悪いですが、合計記帳となってしまうと通帳で入出金明細が確認できなくて困りますよね。

合計記帳明細の発行は無料

では、合計記帳されてしまった部分の明細はもう見ることができないの?というと、それにはきちんと救済策があります。

合計記帳になってしまった部分の明細は無料で発行してもらえます。

発行する方法は2通りあります。

 ①電話で明細発行を依頼

本人からの電話が必要

・明細の発行には約1週間かかる

 ②支店窓口で明細発行を依頼

本人の来店が必要

・持ち物は、合計記帳された普通預金通帳

・明細の発行は原則として翌営業日以降

急ぎで明細がほしい場合は窓口に来店が必要ですね。しかし、ご存知のとおり銀行窓口は平日の9時から15時までしか営業していません。仕事などで平日に銀行に行くのが難しい人は、電話で明細発行を依頼するしかなさそうですね。

※ この手続きに必要な持ち物は、「通帳」だけですが、銀行に行くときは必ず「本人確認資料」と「届出印」(銀行に届け出た印鑑)を持参することをおすすめします。住所変更をしていなかった際などには「本人確認資料」と「届出印」がないと手続きができません。

なお、「どの印鑑を届け出たか忘れてしまった」という方は、思い当たる印鑑をすべて持っていきましょう。本人確認資料さえあればどれが届出印か調べてもらえますよ。

合計記帳明細の発行を依頼してみた

合計記帳になった分の明細を発行してもらいに、三菱東京UFJ銀行に行ってきました

手続きは簡単

「預金取引推移表発行依頼書」という書類を1枚記入して、窓口で通帳を提示して住所に変更がないか確認されて終了。明細は後日届け出ている住所に送られるとのことでした。

ただ、即日ほしいと申し出ればその場で発行してくれる可能性があるようです(実際にその場で作れる書類だからです。ただ少し時間がかかるので、「原則は郵送」などと言って銀行はその場でやりたがらないとは思います。)。なお、郵送ではなくその場で受領する場合は本人確認資料の提示が必須です。

私は急がなかったので、自宅に送ってもらうことにし、明細は2日後に普通郵便(親展)で届きました。

これが実際に発行した合計記帳になった分の明細=「取引推移一覧表」です。

dsc_0130

付箋が多くなってしまったのですが、文字も小さめで少し見にくいです・・・。やはり通帳に記入されていないと前後のつながりがわかりにくいですね。また、通帳と一緒に保管しないとなくしてしまう恐れもあります。

やっぱり合計記帳はイヤ!今後は合計記帳がされない方法

お待たせしました。「二度と合計記帳にされたくない!でも半年に1回の記帳も忘れてしまう・・・」そんなあなたに今後は合計記帳されないようにする方法の紹介です。

それは、支店窓口に来店し、「合計記帳をされないように手続きして下さい」とお願い、通帳と本人確認資料を提示するだけ。

システム上のコードを「合計記帳禁止」に変更してもらうだけなので、書類の記入も必要ありません。本人確認資料も提示せずに手続きできましたが、念のため持って行くと安心です。

裏技なんて言っていたのであまりに普通の手続きで拍子抜けしましたか?

もったいぶってすみません、本当に普通の定められた手続きなのです。ただし、銀行はこの方法を大々的に公表していません。ホームページにも合計記帳の説明や合計記帳明細発行手続きの案内はあっても、そもそも合計記帳にしない手続きを支店窓口で取ることができることには触れていないのです。

コールセンターにも確認したところ、「原則として合計記帳をしないようにすることはできないのですが・・・この件に関しては支店の担当者に電話をお繋ぎ致します」とやや濁されました。しかし、電話を替わった支店の担当者は「お通帳とご本人確認資料をお持ちのうえご来店いただければ、今後は合計記帳をしないように手続きすることが可能です」とさらっと答えてくれました。

支店担当者に電話で確認した内容は以下のとおりです

 〇本人の来店が必要(電話や郵送での手続きはできない)

 〇できれば口座のある店舗に来店がベスト。難しければ他の支店でも可。

 〇持ち物は、通帳と本人確認資料

 〇すでに合計記帳になった部分を取り消すことはできない

銀行がこの手続きを大々的に公表しない理由の1つは、ATMの混雑を懸念しているのかなと想像します。

私は合計記帳がされないようにしてから、通帳4~5ページ分の明細を貯めてしまったことがあり、その時はATMで記帳するのに5分ほどかかりました。みんながみんな合計記帳がされないような手続きをすると、もしかしたらATMが混雑してしうかもしれませんね。

あくまで定期的に記帳するのが大切ですが、いざという時に合計記帳になって困る人は、支店に来店して合計記帳をされないように手続きしてみてはいかがでしょうか。

 余談 初めての手続きは電話をしてから来店すると確実

最後に少し余談ですが、銀行での手続きをスムーズにするための小さなコツを1点。

それは、初めてでちょっと不安な手続きをする際には、事前に支店に電話をして間違いなく手続きができることや持ち物を確認してから来店することです。

また、その際に電話口に出た担当者の名前も必ず控えておきましょう

あとよくあるのは、「あっちの支店ではできたのに、こっちの支店ではできないと言われた」というトラブル

今回の合計記帳をされないようにする手続きも、皆さんが他の支店に行って同じ手続きをしようとしたら「その手続きはできません」と言われることもまれにあるのではないかと想定しています。

実際に私ができているのでシステムが変わらない限りできないわけはないのですが、商品に関する知識・認識が支店や担当者ごとにばらつきが出ているということはよくあります。せっかく来店したのに結局手続きできないと言われて帰されたとならないためにも、来店前の電話確認を強くおすすめします

ゆうちょ銀行の総合口座通帳も未記帳がたまると合算(おまとめ表示)されます!三菱東京UFJ銀行とはおまとめ表示の条件などが違うのでこちらの記事でチェックしてみてください。

ゆうちょ銀行の通帳が合算された時の明細確認方法まとめ!実際に未記入明細を発行してみた
ゆうちょ銀行の通帳の記帳をしばらくしないでいたために、通帳に“合算”と表示されていて入出金明細が確認できず困ったという方もいるかもし...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. hide10 より:

    とても分かりやすく参考になりました。ありがとうございました。

    • エマ より:

      嬉しいコメントありがとうございます!とても励みになります。
      もっとわかりやすく役立つ記事が書けるようにこれからも頑張ります。