引き落とし日はいつ?dカード・dカード GOLDの年会費の疑問を実際の明細でわかりやすく解説

年会費 引き落とし ポイント 疑問

dカード・dカード GOLDともに年会費は気になるところですよね。

年会費はいつ引き落とされるか、dポイントでの支払いはできるか、家族カードの年会費はいくらか、dカード2年目以降の年会費が無料になる条件など、年会費に関する様々な疑問が出てきます。

今回は、dカード・dカード GOLDの年会費のあれこれについて、規約を読んだりコールセンターに確認したりして調べてみました。

現在、ケータイ・ドコモ光料金に対してdポイントが90ポイント超付与されている(ざっくり毎月のドコモ料金が9,000円超)ならば、dカード GOLDを作らないともったいない!!

年会費相当を上回るポイントを獲得できるうえに充実した特典が利用できて断然お得になります!

「dカード GOLDを作ったら、自分は何ポイントもらえるのか知りたい!お得になるの?」という方には、こちらの記事がおすすめ。

dカード GOLDを作るとお得か一番簡単にわかる方法!実際に自分が獲得できるポイント数は?ためたポイントでケータイ料金が割引に。
ドコモが発行するクレジットカードであるdカード GOLD(dカードゴールド)。契約者がどんどん増えて2018年4月に会員数が400万...

dカードGOLDは

今なら最大13,000円相当の入会&利用特典がもらえる!!

ドコモユーザーはdカード GOLDを作らないともったいない!!

☑ケータイ・ドコモ光利用料金の10%分のポイントがたまる!

☑ためたポイントで毎月のケータイ料金の支払いができる!

最大10万円キャッシュバックのdカード ケータイ補償!

☑充実した海外旅行傷害保険が自動付帯などの豊富な特典!

審査は最短5分!申し込みは簡単・インターネットで完結!




本人カードの年会費

dカードには銀色の「dカード」(レギュラーと呼ばれることもあります)と金色の「dカード GOLD」の2種類があります。dカードとdカード GOLDでは年会費が異なっていて、受けられる特典に差があります。

まずは、dカードとdカード GOLDの本人会員の年会費について整理していきます。

dカード・dカード GOLD年会費

dカードの年会費は、初年度は無料、2年目以降は1,250円+税です。

ただし、2年目以降は前年度に1度でもショッピング利用があれば年会費が無料になります。このショッピングの利用は本人カードでも家族カードでも問題ありません。

dカード GOLDの年会費は、10,000円+税です。

年会費は、初年度から条件を問わず発生します。

家族カードの年会費

続いて、家族カードの年会費についてみてみましょう。

dカード・dカード GOLD年会費(家族カード)

dカードの家族カードは、最大2枚まで発行できます。

dカードの家族カードは、1枚目、2枚目ともに初年度は無料、2年目以降は400円+税の年会費が発生します。

ただし、2年目以降は前年度のショッピング利用が1度でもあれば年会費が無料になります。このショッピングの利用は本人カードでも家族カードでも問題ありません。

一方、dカード GOLDの家族カードは、最大3枚まで発行可能です。

dカード GOLDの家族カードは、1枚目は年会費が無料です。

2枚目以降は、前年度の利用の有無によらず、1枚につき1,000円+税の年会費が発生します。

dカード GOLDを作る際は家族カードも同時申し込みがおすすめな理由は別の記事にまとめました。

dカード GOLDの家族カードを絶対作るべき9つのお得な理由。忘れてはいけない登録などの注意点も。
dカード GOLDを作ったけれど家族カードは作らなかったという方はいらっしゃいませんか? 「家族カードは使わないから」、「家族...

dカードGOLDは

今なら最大13,000円相当の入会&利用特典がもらえる!!

ドコモユーザーはdカード GOLDを作らないともったいない!!

☑ケータイ・ドコモ光利用料金の10%分のポイントがたまる!

☑ためたポイントで毎月のケータイ料金の支払いができる!

最大10万円キャッシュバックのdカード ケータイ補償!

☑充実した海外旅行傷害保険が自動付帯などの豊富な特典!

審査は最短5分!申し込みは簡単・インターネットで完結!

引き落とし日

引き落としのタイミング

年会費の引き落としのタイミングは、何日に加入(審査完了)したかによって変わってきます。

1日~15日が加入日の場合は翌月10日(金融機関休業日の場合は翌営業日)引き落とし、16日~月末が加入日の場合は翌々月10日(金融機関休業日の場合は翌営業日)の引き落としです。

年会費の引き落とし時期は、dカード・dカード GOLDともに同じです。

具体例でいうと、このようになります。

dカードゴールド 年会費 引き落とし日の具体例

加入日の確認

コールセンターによると、加入日とはカードの申し込み日や発行日ではなく、審査が完了した日にちとのことでした。

カードの加入日の確認方法は2つあります。

(1)カードが発行された際の台紙で確認する

カードが自宅に届くときにカードが張り付いている台紙の右上に加入日が記載されています。

dカードゴールド 年会費 台紙(加入日)

また、台紙の右下には年会費の支払日も記載されています。

dカードゴールド 年会費 台紙(支払日)

初年度(2016年)は7月10日は日曜日(金融機関休業日)なので実際に引き落としがされるのは7月11日(月)ですが、「毎年」7月10日という意味を込めてか台紙には7月10日と記載されています。

ともすればカードだけはがして捨ててしまいそうなこの台紙にはいろいろな情報が書かれているのですね。

(2)dカード明細照会で確認する

dカード明細照会にログインすると、利用代金明細書の右上の欄で加入日を確認することができます。

dカードゴールド 年会費 明細(加入日)

支払日も左に記載がありますね。この月は10日が日曜日(金融機関休業日)だったので翌営業日の11日が曜日とともに記載されています。

また、左にある発行日はこの明細の発行日でカードの発行には関係ないので、間違えないようにしたいです。



引き落とし方法

dカードの年会費は、カード利用料金として引き落とされます。

こちらがdカード GOLDの年会費の引き落とし明細です。dカードサイトの利用代金明細書から確認できます。

dカードゴールド 年会費 引き落とし明細

加入日が6月10日ですが、「利用日」というのは6月15日になっています。コールセンターに確認したところ、これは年会費の「利用日」はdカードの締め日である15日で設定されているので、誰もが15日で記載されるとのことでした。

なお、dカードの年会費の発生が確定後に解約した場合(後述)は、dカードの引き落とし口座に設定した金融機関の口座から年会費が直接引き落とされます。

2年目以降の年会費

dカードの本人カード・家族カードの2年目以降の年会費は、前年度(本会員契約月から1年間)に本会員、家族会員のいずれにもショッピング利用がない場合にのみ発生します。つまり、1年に1回でもショッピング利用をすれば年会費は発生しません

では、「本会員契約月から1年間」とはどのようにカウントするのでしょうか

これは、先ほど年会費の引き落とし時期の項目で説明した「加入日」が関係してきます。

dカード 2年目以降年会費無料の算定期間

たとえば1月1日~15日がカードの加入日である場合、1年の基準となる締め日は1月15日となるので、翌年1月15日までのショッピングの利用額が1年間の利用額として算出されます。

1月16日~31日がカードの加入日である場合、1年の基準となる締め日は2月15日となるので、翌年2月15日までのショッピングの利用額が1年間の利用額として算出されます。

また、本人カード、家族カードのいずれかにショッピング利用があればいいので、家族カードを1回だけ使った場合でも本人カード・家族カードともに年会費が無料になります。

なお、年会費の引き落としはカードを利用した実績にカウントされないので、年会費の支払い以外でのショッピング利用が必要です。

2年目以降の年会費免除の特例があるのは、dカードだけです。

dカード GOLDの本人カード及び家族カード2枚目は、前年度のショッピング利用の有無に関わらず年会費が発生するので混同しないようにしましょう。

解約する際の年会費

dカードもしくはdカード GOLDを解約したいという時は、いつ解約すれば翌年度の年会費が発生しないのでしょうか。

これも加入日を軸に考えます。

dカード・dカードゴールド 解約時の年会費

たとえば1月1日~15日がカードの加入日である場合、1年の基準となる締め日は1月15日となるので、翌年1月15日までに解約すれば翌年度の年会費は発生しません。例えば、1月16日に解約すると、1日過ぎただけですが翌年度の年会費が徴求されてしまいます。

1月16日~31日がカードの加入日である場合、1年の基準となる締め日は2月15日となるので、翌年2月15日までに解約すれば翌年度の年会費は発生しません。

では、仮に翌年度の年会費が発生する期間に入ってからカードを解約したら年会費はどのように請求されるのでしょうか。もうカードはないから引き落とされないのでは?請求書がきても払わなければいいのでは?と思っては甘いようです。

カードの引き落としに設定した金融機関口座から自動的に引き落とされてしまうそうです。

なお、dカード利用規約には、「お支払いいただいた年会費は、本規約に別段の定めがある場合を除き、理由のいかんを問わず返還しません。」と明記されているので、実際は使っていないからといっても返金はしてもらえないと思いますよ。

ポイントはどうなる?違約金は?dカード・dカード GOLD解約方法や注意点をコールセンターに確認してみた。
dカード・dカード GOLDを契約している方の中には、解約を考えているという方もいるかもしれません。 「dカード・dカード G...

年会費でポイントはたまるか

年会費は、dポイント贈呈の対象外です。

参考:dCARD dカードポイントサービスに関するご注意事項

年会費をポイントで支払うことはできるか

年会費をたまっているdポイントで支払うことはできません。
(ホームページに記載がないとのことでコールセンターに教えてもらいました)

年会費相当のポイントをためるには

dカード、dカード GOLDともにショッピングでの利用や公共料金の引き落としでは1%分のdポイントがたまります。

ドコモケータイ・ドコモ光の料金に対しては、dカードは1%、dカード GOLDは10%の還元です。

ドコモユーザーの場合、仮にdカードの年会費(1,250円)相当分をドコモケータイ・ドコモ光の料金だけでためるとなると、おおよそ月10,500円(税抜)の利用が必要です(10,500円×1%×12か月=1,260ポイント)。

dカード GOLDの年会費相当をドコモケータイ・ドコモ光の料金だけでためるには、月におおよそ月9,000円(税抜)の利用が必要です。10%の還元は大きいですね!

算出の対象外となる項目もあるので、詳しい計算方法や注意点はこちらの記事で確認してください。

dカード GOLDの年会費相当のポイントを獲得するには?ケータイ・ドコモ光料金の10%ポイント還元&特典も充実!
追記:2018年5月にdポイントクラブが改定されました。 dポイントクラブの改定(ずっとドコモ割プラスの新設)は、dカ...

dカードGOLDは

今なら最大13,000円相当の入会&利用特典がもらえる!!

ドコモユーザーはdカード GOLDを作らないともったいない!!

☑ケータイ・ドコモ光利用料金の10%分のポイントがたまる!

☑ためたポイントで毎月のケータイ料金の支払いができる!

最大10万円キャッシュバックのdカード ケータイ補償!

☑充実した海外旅行傷害保険が自動付帯などの豊富な特典!

審査は最短5分!申し込みは簡単・インターネットで完結!




まとめ

dカード

dカードの本人カードの年会費は、初年度は無料、2年目以降は1,250円+税です。

dカードの家族カードの年会費は、1枚目、2枚目ともに初年度は無料、2年目以降は400円+税です。

dカードは、本人カード・家族カードともに、2年目以降は前年度に1度でもショッピング利用があれば年会費が無料になります。このショッピングの利用は本人カードでも家族カードでもOKです。

dカード GOLD

dカード GOLDの本人カードの年会費は、10,000円+税です。

dカード GOLDの家族カードは、1枚目は永年無料、2枚目以降は、1枚につき1,000円+税です。

dカード GOLDの場合は、前年度のショッピング利用額による年会費の免除の特約は、本人カード・家族カードともにありません。

引き落とし日

年会費の引き落とし日は、1日~15日が加入日の場合は翌月10日(金融機関休業日の場合は翌営業日)引き落とし、16日~月末が加入日の場合は翌々月10日(金融機関休業日の場合は翌営業日)です。

dカード・dカード GOLDの年会費に関する疑問は解決しましたか。

dカード GOLDは、ケータイ・ドコモ光利用料金の10%ポイント還元最大10万円キャッシュバックのdカードケータイ補償国内航空ラウンジの利用が無料海外旅行保険が自動付帯、ローソンで5%還元などと特典がとにかく豪華!

dカード GOLDのケータイ補償を使って、約10万円のスマホに無料で機種変更しました。

dカード GOLDのケータイ補償を使ってみた!圧倒的なお得さと注意点まとめ。審査の流れも詳しく紹介。
先日、スマホを落として画面割れになった際に、dカード GOLDのケータイ補償を使って無料で新しいスマホを手に入れることができました。...

ドコモユーザーなのにdカード GOLDを作らずに損をしている人は多いです。

私も初めは興味がなかったのですが、作ってみたらベストスリーに入るお気に入りクレジットカードになりました。

dカード GOLDは何がお得?特典とメリットを厳選して紹介&こんな人におすすめ。
dカード GOLDの魅力のすべてを別の記事で書きましたが、dカード GOLDはメリットが多すぎてだいぶボリュームのある内容になってし...

「dカード GOLDを作ったら、どのくらいお得になるの?」という方には、こちらの記事がおすすめ。

dカード GOLDを作るとお得か一番簡単にわかる方法!実際に自分が獲得できるポイント数は?ためたポイントでケータイ料金が割引に。
ドコモが発行するクレジットカードであるdカード GOLD(dカードゴールド)。契約者がどんどん増えて2018年4月に会員数が400万...

dカードGOLDは

今なら最大13,000円相当の入会&利用特典がもらえる!!

ドコモユーザーはdカード GOLDを作らないともったいない!!

☑ケータイ・ドコモ光利用料金の10%分のポイントがたまる!

☑ためたポイントで毎月のケータイ料金の支払いができる!

最大10万円キャッシュバックのdカード ケータイ補償!

☑充実した海外旅行傷害保険が自動付帯などの豊富な特典!

審査は最短5分!申し込みは簡単・インターネットで完結!


  

公式サイトのdカード GOLDの内容は、とてもよくまとまっていてわかりやすいです。

<NEWS>

dカード GOLDの契約者は、どんどん増えて2018年4月に会員数が400万を突破しました。ドコモユーザーにとってお得なことが知られてきたせいか、ドコモユーザーはかなりの割合でdカード GOLDを持っている計算です。

参考:「dカード GOLD」の会員数が400万を突破しました

日経トレンディ2017年10月号のクレジットカード特集では、dカード GOLDがゴールドカードランキングで堂々の第1位に選ばれていました!!

dカード GOLD(日経トレンディ 2017年10月)

出典:日経トレンディ 2017年10月号(日経BP社)

dカード GOLDが実際にお得で注目度・人気が高いことが伺えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする