docomo withのiPhone 7は安い?端末代金が実質無料に!?毎月1,500円割引のシミュレーション。

docomo with iPhone 7

<追記>docomo with の新規受付は2019年5月31日をもって終了しましたが、すでに利用中の場合は割引が継続されます。

 

2019年2月27日、ケータイ利用料金がずっと毎月1,500円割引になるdocomo withの対象機種にiPhone 7が追加されました。

1台を長く使う人、iPhoneがほしかったけれど手が出なかった人にはとてもお得な情報です。

今回は、docomo withの概要やどのくらい使えば端末代金が実質無料になるのかについてまとめました。

 

 

初年度は入会&利用特典で確実に年会費以上にお得!

docomo withとは

docomo withとは、対象機種を購入するとケータイ利用料金がずっと毎月1,500円割引となる料金プランのことです。


出典:ドコモ docomo with

税抜1,500円なので、実際には税込1,620円が割引されます。

docomo with割引額 税込1,620円
出典:ドコモオンラインショップ

docomo withは同一機種を使い続ければずっと1,500円割引になるので、1台を長く使うユーザーにはとてもお得な料金プランです。

docomo withは本当にお得?月々サポートや端末購入サポートと比較してお得か試算してみた。
<追記>docomo with の新規受付は2019年5月31日をもって終了しましたが、すでに利用中の場合は割引が継続されます。 2017年6月からdocomo with(ドコモ ウィズ)というサービスが開始されました...

2017年6月にdocomo withのサービスがスタートし、これまでに300万契約を突破しました。サービス開始時は2種類しか対象機種がありませんでしたが、2019年2月にはiPhone 7が追加され計9機種が対象になりました。

iPhoneでdocomo withが対象になるということは、つまりは長く使えば端末代金よりも割引額が大きくなるので、一定期間使えばiPhoneの端末代金が実質無料に、それ以上使えば割引額が端末代金を上回りどんどんお得になる仕組みです。




対象のiPhone

今回docomo withの対象端末に追加されたのは、iPhone 7(32GB)です。

docomo with ドコモオンラインショップ(iPhone 7)
出典:ドコモオンラインショップ

2019年2月27日以降に購入したiPhone 7(32GB)がdocomo withの対象で、それ以前に購入したiPhone 7は対象外です。

ドコモオンラインショップでは2月19日(火)午後3時から予約開始されました。

404 NOT FOUND | Take it easy~無理しない生活~
貯める時は貯める!使う時は思いっきり使う! 知っていればお得な節約情報を発信するブログ。

なお、2018年9月にdocomo with対象となったiPhone 6sは、2019年2月時点でドコモオンラインショップには在庫無し(入荷未定)です。ドコモオンラインショップのチャットサービスによると、今後入荷されずに販売終了となる可能性もあるそうです。

端末代金

ドコモオンラインショップでのiPhone 7の販売価格は、MNP・新規・機種変更ともに税抜39,600円(税込42,768円)です。

docomo with ドコモオンラインショップ(iPhone 7販売価格)
出典:ドコモ報道発表「docomo with」対象端末に、iPhone 7(32GB)を追加

端末代金を実質無料にするには何ヶ月使えばよいか?

では、docomo with対象のiPhone 7をどのくらい使えば月1,500円の割引額が端末代金を上回り、端末代金を実質無料にできるのでしょうか。

iPhone 7の端末代金(税込42,768円)÷docomo withの割引額(税込1,620円/月)=26.4

つまり、27カ月使えばdocomo withの割引額がiPhone 7の端末代金を上回ります!

その後も使い続ける限りずっと毎月1,500円が割引されます。28カ月目以降はただただプラスになるということです。

iPhoneが端末代金が実質無料どころか使えば使うだけ還元されていくなんてお得すぎます。

月々の料金のシミュレーション

docomo withの割引を利用した場合の料金イメージをシミュレーションしてみます。

<1人で利用する場合の使用料金イメージ>

データ使用量~1GB~3GB~5GB~20GB
基本プラン
(シンプルプランの場合)
980円
パケットパック
(ベーシックパックの場合)
2,900円4,000円5,000円7,000円
ISP300円
docomo with割引額-1,500円
合計2,680円3,780円4,780円6,780円

※価格は税抜
※シンプルプラン、ベーシックパックの新規受付は2019年5月31日をもって終了しましたが、すでに契約中の場合はそのまま継続して利用できます。

docomo withの割引である「-1,500円」がかなりきいています。

端末代金を分割払いにしている場合はその代金、ケータイ補償に加入している場合はケータイ補償の月額料金などが加算されるので、あくまで基本的な月額料金のみです。

ドコモを10年以上利用している人はプラチナステージの割引が適用になり200円安くなるなどさらに割引がきく場合もあります。

家族で利用する場合はパケットパックをうまく活用することで一人あたりの金額はさらに安くすることも可能です。

ケータイ補償を使ったら割引はどうなる?

ずっと1,500円割引なので使えば使うだけお得ということですが、iPhone 7が故障・紛失・盗難するなどして使えなくなったらどうなるのでしょうか

ドコモのケータイ補償サービス for iPhone & iPad(iPhone 7の場合は月額750円)に加入している場合は、故障・紛失・盗難などのトラブル時に交換電話機を届けてもらうことができます(サービス利用時に別途11,000円の支払いが必要)。交換電話機でもdocomo withの1,500円割引は継続されます。

つまり、故障・紛失・盗難の場合はケータイ補償を利用して新しい端末に交換し続ければずっと1,500円割引がされるとのことでした(ドコモインフォメーションセンターに確認済み)。同じ端末を使い続けるのは耐用年数に限度がありそうですが、新しい端末に交換できるならばずっと使い続けることも可能です。

 

<ドコモユーザー必見の情報>

わが家はdカード GOLDのケータイ補償約10万円のキャッシュバックをしてもらえました。

dカードGLODのケータイ補償で約10万円が実際にキャッシュバックされていることがわかる明細。

約10万円の新品スマホを無料で手に入れたことになります。

これから機種変更する人は、dカード GOLDも一緒に作っておくことがおすすめです。




注意点

docomo withを適用してiPhone 7を購入する際の主な注意点です。

容量は32GBのみ

今回docomo with対象機種として発売されるのは、iPhone 7の容量32GBのみです。iPhone 7のその他の容量はドコモオンラインショップでは2019年2月時点で販売していません。

ドコモオンラインショップのチャットサービスによると、現状では32GB以外の容量の販売は未定で、今後は要望を踏まえて検討するということでした。

Apple Storeでの購入は対象外

docomo withの適用は、「iPhoneを取り扱うドコモ販売店(※)及びドコモオンラインショップ※Apple Storeを除きます」とあります。

参考:ドコモ報道発表「docomo with」対象端末に、iPhone 7(32GB)を追加

Apple StoreでiPhone 7を購入・機種変更した場合は、docomo withの対象外です。

docomo withを適用するためには、ドコモショップやドコモオンラインショップ、家電量販店で購入・機種変更する必要があります。

ケータイ補償は750円

Andoroidのdocomo with対象端末は、ケータイ補償の月額料金が330円(税抜)と一般の端末より安く設定されています。

ですが、iPhone 7のケータイ補償の月額料金は750円(税抜)で、docomo with対象機種であっても変わらないそうです。(ドコモオンラインショップのチャットサービスで確認)

もし、月額750円は高いのでどうしてもケータイ補償はつけたくないという人はせめてdカード GOLDを作ってdカード ケータイ補償(購入から3年間、10万円までキャッシュバック)をつけておくことをおすすめします。

dカードケータイ補償の詳細は公式サイトから。

お得な購入方法と事前準備

docomo withでiPhone 7をお得に購入する方法と事前準備をまとめました。

ドコモオンラインショップを利用する

予約や機種変更の手続きはドコモショップではなくドコモオンラインショップがおすすめです。ドコモオンラインショップでの機種変更は店舗より手数料が約1万円安いです。

ドコモオンラインショップで機種変更はお得?メリットとデメリットまとめ。事前の準備も。
ドコモで機種変更をするならば、ドコモショップ(店舗)よりもドコモオンラインショップが断然おすすめです。 今回は、ドコモオンラインショップで機種変更をするメリット・デメリット、事前におすすめな準備についてまとめました。 ...

dカード GOLDを作る(決済時にポイント2倍)

端末代金はdカード GOLDでの一括払いがおすすめです。

ドコモオンラインショップで端末代金をdカードもしくはdカード GOLDを使って決済すると、dポイントが通常の2倍の2%贈呈されます。dカード/dカード GOLDでの通常のショッピング利用は100円(税込)につき1ポイントの付与なので、その2倍の100円(税込)につき2ポイント獲得できる計算です。

ドコモオンラインショップ dカード決済ポイント2%
出典:dCARD ドコモオンラインショップでdカード、DCMXならいつでもポイント2倍!

 

dカード GOLDは、ドコモが発行するクレジットカードです。

参考:dカード GOLD 公式サイト

dカード GOLDは契約しているだけで、ドコモのケータイ・ドコモ光利用料金の10%分ものポイントがたまるうえに、たまったポイントは1ポイント1円からケータイ利用料金の支払いに使えます実質ケータイ利用料金の節約になり、ドコモユーザーの多くが持っているだけで年会費(税込み10,800円)以上にお得になるクレジットカードです。

dカード GOLD 公式キャンペーン

 

端末代金は高額になるので、ドコモオンラインショップでdカード GOLD一括払いでポイント2倍は大きいです。

ドコモユーザーなのにまだdカード GOLDを持っていない場合は、購入手続きの前にdカード GOLDを作るのがおすすめです。

【2019年版】dカード GOLD(ゴールド)は本当にお得?年会費1万円を回収できるの?
dカード GOLD(dカードゴールド)は「年会費1万円の元が取れるか」「ドコモ料金10%還元だけで年会費以上にお得にできるか」を実際に3年間利用した体験から解説!ドコモ最強のゴールドカード『dカード GOLD(dカードゴールド)』を確実にお得にする活用術まとめ。

 

dカード GOLDはオンライン申し込みをすると、申し込みから最短で5日で届きます。購入時に届いたdカード GOLDの情報を入力するという流れです。

わが家がdカード GOLDを申し込んだ際は、実際に申し込みから5日後にカードが届きました。

オンライン申し込みは約10分で申し込み完了です。

入会&利用特典を活用すれば初年度に損することはないので、ドコモユーザーなのにまだdカード GOLDを持っていない人はこの機会に作ってしまうのが絶対おすすめです。

dカード GOLD 公式キャンペーン

まとめ

2019年2月docomo withの対象端末に、iPhone 7(32GB)が追加されました。

長く使えば端末代金よりも割引額が大きくなるので、一定期間使えばiPhoneの端末代金が実質無料に、それ以上使えば割引額が端末代金を上回りどんどんお得になる仕組みです。

 

 

dカード GOLDで
ケータイ利用料金が

ポイント10倍に!!

ドコモならdカード GOLDを

今すぐ申し込み!

 

会員数500万突破!