ドコモ光を実際に申し込んでみた。ドコモのスマホ料金も割引に!お得なキャンペーン申し込み方法も。

ドコモ光

ドコモショップですすめられたり広告で見かけることが多いドコモ光

ドコモユーザーならば料金的なメリットが大きいので、ドコモ光が断然おすすめです。

実際にドコモ光に申し込んだので、今回はドコモ光にした理由お得な申し込み方法を紹介します。

ドコモ光にした理由

ドコモユーザーはドコモ光がお得です。

ドコモユーザーであるわが家がドコモ光にした主な理由は、次の4点です。

ドコモのケータイ利用料金が割引

年間6,000円~42,000円も割引!

dカードGOLDで10%ポイント還元

⇒たまったdポイントはケータイ利用料金の支払いにも使えるので、年間4,800円~6,000円の固定費の節約に!

5,000Pもしくは10,000P(5,000円もしくは10,000円相当)プレゼントのお得なキャンペーン特典

⇒ポイントの付与は早い&自動付与なので、確実にお得になる。しかも、ポイントはケータイ利用料金の支払いにも使える!

④請求がドコモにまとまってわかりやすい

それぞれ詳しく見ていきます。

①ドコモのケータイ利用料金が割引になる

ドコモ光のインターネット料金は、主に次のとおりです。

<ドコモ光 月額料金(プロバイダ料金込み)>

マンションタイプ 戸建てタイプ
タイプA 4,000円 5,200円
タイプB 4,200円 5,400円

※税抜金額

※2年定期契約の場合

タイプAとタイプBはどのプロバイダを選ぶかによって決まります。

少し金額が安いタイプAのプロバイダは、ドコモnet、so-net、GMOとくとくBBなどです。タイプBはOCNなどです。それ以外にも多くのプロバイダを扱っていて、ドコモ光の公式ホームページで確認することができます。

参考:ドコモ光 プロバイダ一覧

ドコモ光は他のネット回線サービスと比較して料金面でそこまで大きな違いはありませんが、ドコモユーザーがドコモ光にする最大のメリットはドコモ光を契約することでドコモのケータイ利用料金が割引(光セット割)になることです。

どのくらい割引されるかは、ドコモ回線でどのパケットパックを利用しているかによって決まります。

セット割金額(月額)
パケットパック マンションタイプ 戸建てタイプ
シェアパック ウルトラシェアパック100 -3,500円
ウルトラシェアパック50 -2,900円
ウルトラシェアパック30 -2,500円
シェアパック15 -1,800円
シェアパック10 -1,200円
シェアパック5 -800円
データパック ウルトラデータLLパック -1,600円
ウルトラデータLパック -1,400円
データMパック -800円
データSパック -500円(※1)
ケータイパック -500円(※1)

※税抜金額

※ウルトラシェアパック100、ウルトラシェアパック50、ウルトラシェアパック30、ウルトラデータLLパック、ウルトラデータLパックは、2018年2月1日からの新割引料金。

※1:データSパック・ケータイパックの場合のみ割引期間は1年間(データSパック・ケータイパックの場合のみ、ケータイ回線からではなくドコモ光料金からの割引)

大容量のパケットパックを利用している程に割引額は大きくなり、年間6,000円~42,000円も割引される計算です。

例えば、わが家はシェアパック5を契約しているので、毎月のケータイ利用料金から800円割引、年間で9,600円もの割引になります。

②dカードGOLDとの併用で10%ポイント還元

ドコモ光はdカードGOLDと併用することでさらにお得になります。

dカードGOLDは、ドコモが発行するクレジットカードです。


出典:dカードGOLDのご紹介

dカードGOLDは契約しているだけで、ドコモのケータイ・ドコモ光利用料金の10%分(1,000円につき100ポイント)ものポイントが毎月たまるうえに、たまったポイントは1ポイント1円からケータイ利用料金の支払いに使えます。実質ケータイ利用料金の節約になり、ドコモユーザーの多くが持っているだけで年会費(税込み10,800円)以上にお得になるクレジットカードです。

ドコモ光のインターネット料金(月額)は、前述のとおりマンションタイプで税抜4,000円(プロバイダによっては税抜4,200円)、戸建タイプで税抜5,200円(プロバイダによっては税抜5,400円)です。つまり、その10%分(1,000円につき100ポイント)のポイント付与ということは、マンションタイプは400ポイント(=400円分)、戸建タイプは500ポイント(=500円分)のdポイントが毎月獲得できる計算です。

dカードGOLDを持っていないと獲得できるポイント数は1%となり、マンションタイプは40ポイント(=40円分)、戸建タイプは50ポイント(=50円分)しか獲得できないので、その10倍ポイントがもらえるのはかなり大きな違いだと思いませんか?

dカードGOLDなし dカードGOLDあり
ポイント還元率 1%
(1,000円につき10P)
10%
(1,000円につき100P)
獲得ポイント数 マンション 40P/月(=40円相当)
⇒年間480円相当
400P/月(=400円相当)
年間4,800円相当
戸建 50P/月(=50円相当)
⇒年間600円相当
500P/月(=500円相当)
年間6,000円相当

データSパック・ケータイパックの場合のみ、ドコモセット割引額がケータイ回線からではなくドコモ光料金からの割引される関係で、dカードGOLDなしの場合は毎月10ポイント、dカードGOLDありの場合は毎月100ポイント少なくなる。

オプションなしの最もシンプルな契約のパターンなので、ドコモ光にオプションをつけていればもっとポイントがたまる場合もあります。

例えば、わが家はマンションタイプのプロバイダはタイプAなので、ドコモ光の月額料金は4,000円(税抜)で、毎月400ポイント(=400円分)、年間4,800ポイント(=4,800円分)もdポイントをためています。

ためたポイントはケータイ料金の支払いに充てているので、ドコモ光にすることで年間で4,800円分(400円分×12か月)も固定費を節約できています。

ドコモ光を契約する場合は、dカードGOLDを持っていないと本当にもったいないです。別の記事に詳しくまとめました。

ドコモ光ならばdカードGOLDを作るとお得な3つの理由!何ポイントがたまるかの確認方法も解説。
ドコモが発行するクレジットカードであるdカードGOLD。契約者がどんどん増えて2017年9月に会員数が300万を突破しました。 ...

③お得なキャンペーン特典

ドコモ光では、dポイントプレゼントのキャンペーンが実施されていることがあります。


ドコモ光dポイントプレゼントキャンペーン

出典:ドコモ光dポイントプレゼントキャンペーン

2018年5月7日までのキャンペーンは、新規で10,000ポイント(=10,000円分)、転用で5,000ポイント(=5,000円分)のdポイントがプレゼントされます。

キャッシュバックではなくdポイントと聞くと「現金のほうがよい」と感じるかもしれませんが、キャンペーンでもらえるdポイントは通常ポイント(期間・用途限定ではない)であるため、毎月のケータイ利用料金の支払いに充てることができて実質現金と同じ価値があります

また、このキャンペーンはポイントの付与が早い(ドコモ光開通の翌々月)&自動的に付与されるので楽というメリットがあります。

ドコモ光以外のネット回線サービスではキャンペーン金額がより高いこともありますが、開通後1年ほど経過しないとキャッシュバックされなかったり申請をしないと付与されなかったりとキャンペーン適用条件が厳しいものもあります。その点、ドコモ光のキャンペーンは開通さえすれば約2か月後にポイントが自動的に付与されるのはありがたいです。(ちなみにわが家は過去にドコモ光を引越しにより解約して新規契約しましたが、また新たにポイントが付与されました。過去の加入歴は問わないとのことです。)

キャンペーン内容は変更されることがあるので、詳しくは公式ホームページを確認したりコールセンターに問い合わせるのがベストです。

さらに、お得なキャンペーンを実施している販売代理店を経由してドコモ光を申し込むことで、公式キャンペーンと販売代理店キャンペーン特典の二重取りが可能です(後述)。

↓好きなプロバイダを選べる販売代理店を経由して申し込めばさらにお得に!

④請求がドコモにまとまってわかりやすい

ドコモ光の利用料金は、ドコモのケータイ利用料金と併せて請求されます。プロバイダで特別なオプションに加入している場合は別ですが、通常の契約であれば請求はドコモからのみで済みます。

ケータイとネットの請求がドコモにまとまるのはわかりやすいです。

お得な申し込み方法

ドコモ光の申し込み方はおおまかに分けて3通りです。

①ドコモに直接申し込む

②販売代理店を経由して申し込む

③プロバイダを経由して申し込む

この中ではお得なキャンペーンを実施している販売代理店を経由して申し込むのがおすすめです。ドコモが実施している公式キャンペーンの他に販売代理店が実施しているキャンペーンの対象にもなるからです。

例えば、ドコモ光の販売代理店であるネットナビを経由して申し込むと、2018年1月時点では次のようなキャンペーンの対象となります。

・ドコモ公式が実施している10,000ポイント(10,000円分)のdポイントプレゼント

(ケータイ利用料金の支払いにも使える通常のdポイント)

・地域によってはさらに10,000~20,000ポイントのdポイントプレゼント

(ローソンやマクドナルドでも使える期間・用途限定ポイント)

・3,000円(転用)もしくは5,000円(新規)のキャッシュバック

(申し込み時にキャッシュバックキャンペーンを利用したい旨の自己申告が必要など条件あり)

私がドコモ光を契約した時はこのキャンペーンを知らず、キャンペーンの適用条件が厳しいプロバイダを経由して申し込んでしまいドコモ公式のキャンペーンしか対応にならずとても後悔しました。

販売代理店を経由して申し込む場合は、ドコモ光公式から申し込むのと同様に好きなプロバイダを選べるのもメリットです。料金や工事費用はドコモ光公式とまったく同じだそうです。

販売代理店を通して申し込む場合の主な注意点としては、ドコモ公式から直接申し込む場合と比較して工事日の設定に数日余分にかかることです。工事日をすぐにでも決めたいという人は、販売代理店のお得なキャンペーンは諦めてドコモ公式から申し込むのがよさそうです。

↓ドコモ光公式キャンペーン対応

速度

さて、光回線を契約するとなると気になる速度ですが、わが家はドコモ光で速度が遅いなと感じたことはありません。かつては月に1回くらいYoutubeを見ていると数秒止まることがありましたが、ここ最近はそれもまったくないです。

引越しなどでドコモ光を解約して別のネット回線サービスを契約していたこともあるのですが、その時は1日1回は止まっていたのでドコモ光にしてからそういったことがなくて快適です。

ちなみに実家(全員ドコモユーザー)は営業を受けてケーブルテレビの回線を契約してしまったそうなのですが、かなり頻繁に止まるうえに速度が劇的に遅いらしく「ケータイ料金も安くなるし、ドコモ光にすればよかった」と後悔していました。

環境によるかと思いますが、契約前は少し心配していた速度も問題なく個人的にはとても満足です。

まとめ

ドコモユーザーにとって、ドコモ光は金額的なメリットが出やすいおすすめのネット回線です。

ドコモのケータイ利用料金が割引

年間6,000円~42,000円も割引!

dカードGOLDで10%ポイント還元

⇒たまったdポイントはケータイ利用料金の支払いにも使えるので、年間4,800円~6,000円の固定費の節約になる!

5,000Pもしくは10,000P(5,000円もしくは10,000円相当)プレゼントのお得なキャンペーン特典

⇒ポイントの付与は早い&自動付与なので、確実にお得になる。しかも、ポイントはケータイ利用料金の支払いにも使える!

④請求がドコモにまとまってわかりやすい

dカード GOLDは、ケータイ・ドコモ光利用料金の10%ポイント還元最大10万円キャッシュバックのdカードケータイ補償国内航空ラウンジの利用が無料海外旅行保険が自動付帯、ローソンで5%還元などと特典がとにかく豪華!私も初めは興味がなかったのですが、作ってみたらベストスリーに入るお気に入りクレジットカードになりました。

「dカードGOLDを作ったら、どのくらいお得になるの?」という方には、こちらの記事がおすすめ。

dカードGOLDを作るとお得か一番簡単にわかる方法!実際に自分が獲得できるポイント数は?ためたポイントでケータイ料金が割引に。
ドコモが発行するクレジットカードであるdカードGOLD。契約者がどんどん増えて2017年9月に会員数が300万を突破しました。 ...

ドコモ光を契約するなら、同時にdカードGOLDを作るのがおすすめな理由!

ドコモ光ならばdカードGOLDを作るとお得な3つの理由!何ポイントがたまるかの確認方法も解説。
ドコモが発行するクレジットカードであるdカードGOLD。契約者がどんどん増えて2017年9月に会員数が300万を突破しました。 ...

<NEWS>

dカードGOLDの契約者は、どんどん増えて2017年9月に会員数が300万を突破しました。ドコモユーザーにとってお得なことが知られてきたせいか、ドコモユーザーはかなりの割合でdカードGOLDを持っている計算です。

参考:ドコモ報道発表 「dカード GOLD」の会員数が300万を突破<2017年9月13日>

日経トレンディ2017年10月号のクレジットカード特集では、dカードGOLDがゴールドカードランキングで堂々の第1位に選ばれていました!!

dカードGOLD(日経トレンディ 2017年10月)

出典:日経トレンディ 2017年10月号(日経BP社)

dカードGOLDが実際にお得で注目度・人気が高いことが伺えます。

ドコモユーザーにとってdカードGOLDは必携クレジットカードと言えます。まだもっていないならばもったいないです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする