ドコモiPhoneのケータイ補償とAppleCare+の違いと注意点を徹底解説!実際にお得かどうか修理料金の試算も。

ドコモ iPhone ケータイ補償

ドコモでiPhoneを購入するにあたって、ケータイ補償サービスに加入しようか迷う場合があるかと思います。また、ケータイ補償に入っているものの内容がよくわからないということもあるのではないでしょうか。

Androidと比較してドコモのiPhoneのケータイ補償は選択肢が多くやや複雑です。

今回はドコモでiPhoneを利用する場合、ケータイ補償にどのような種類があるか、それぞれどういったトラブルをカバーできるか、補償をつけていたほうがお得なのかなどについて、Appleとドコモの公式ホームページやコールセンターで確認した内容をまとめていきます。

時間がない方は目次の「それぞれの補償のメリット・デメリット」から読んで、また時間のある時に来ていただければと思います。

(2017年11月時点の情報なので、契約前には自身で最新情報を確認してください。)

※この記事では、iPhoneの場合の補償を説明しています。Androidのケータイ補償は別の記事にまとめました↓

トラブル別に徹底検証!dカード GOLDがあればケータイ補償サービスは不要?補償されないパターンや注意点まとめ(Android)

 

<ドコモユーザー必見の情報>

まだdカード GOLD持っていないという人はいませんか?

ポイントがザクザクたまってケータイ利用料金を大幅に安くできます。さらに10万円キャッシュバックのケータイ補償もついてくので、ドコモユーザーにとって最強のカードです。

ネットだと申し込みも簡単なので、今月も申し込みがとても多いです。

dカード GOLDは

今なら最大13,000円相当の入会&利用特典がもらえる!!

 

 

ドコモユーザーはdカード GOLDを作らないともったいない!!

☑ケータイ・ドコモ光利用料金の10%分のポイントがたまる!

☑ためたポイントで毎月のケータイ料金の支払いができる!

最大10万円キャッシュバックのdカード ケータイ補償!

☑充実した海外旅行傷害保険が自動付帯などの豊富な特典!

 

審査は最短5分!申し込みは簡単・インターネットで完結!




iPhoneのケータイ補償の種類

ドコモユーザーがiPhoneを購入する場合のケータイ補償の種類は大きく分けて3つあります。

Apple Care(無償、自動付帯、Appleのサービス)

Apple Care + for iPhone(有料、Appleのサービス)

ケータイ補償サービス for iPhone & iPad(有料、ドコモのサービス)

 

AppleCare(無償)は、1年間の自然故障に対する補償でiPhoneを購入すると自動的についてきます。

AppleCare出典:AppleCare製品

 

AppleCare(無償)以外に有料でつけられる補償は、iPhoneを購入する場所がApple Storeかドコモ販売店(ドコモショップやドコモオンラインショップなど)かによって変わってきます

購入場所AppleStoreドコモショップ/ドコモ取扱い店
自動付帯AppleCare(無償)
選択AppleCare+
(Appleが提供するサービス)
AppleCare+
(Appleが提供するサービス)
ケータイ補償サービス
(ドコモが提供するサービス)
申込期限購入から30日以内 購入と同時 購入から14日以内

AppleStoreでiPhoneを購入した場合は、「AppleCare+ for iPhone」のみ加入可能です(ドコモの提供するケータイ補償サービス for iPhone & iPadには加入できません)。なお、AppleCare+ for iPhoneが不要という場合は加入しないということも可能です。

ドコモショップ・ドコモオンラインショップ・ドコモ取扱い店でiPhoneを購入した場合は、「AppleCare+ for iPhone」もしくは「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」のどちらかを選ぶ(※)ことになります(重複契約不可)。両方加入しないという選択肢もあります。
※厳密にいうと、AppleCare+ for iPhoneとケータイ補償サービス for iPhone & iPadの両方に加入する方法もあります。ですが、補償料金が高くなること、補償内容が重複する部分があること、交換電話機サービスを利用した後はAppleCare+ for iPhoneの修理サービスが利用できない場合があることを考えると、どちらかのみ加入していることが多いかと思われます。

コールセンターによると、次の2つの方法ではAppleCare+ for iPhoneとケータイ補償サービス for iPhone & iPadへの重複加入が可能とのことです。

①<ドコモショップ/ドコモ取扱い店でiPhoneを購入>購入と同時もしくは14日以内にケータイ補償サービスに加入 → 購入から30日以内にAppleStoreに来店するなどしてAppleCare+ for iPhoneに加入

②<ドコモショップ/ドコモ取扱い店でiPhoneを購入>購入時には何も補償をつけない → 購入から14日以内にAppleStoreに来店するなどしてAppleCare+ for iPhoneに加入 → 購入から14日以内にケータイ補償サービスに加入

ドコモショップ・ドコモオンラインショップでiPhoneを購入する場合は、AppleCare+ for iPhoneは原則として購入と同時でないと付帯できないので、購入する前にAppleCare+ for iPhoneとケータイ補償サービス for iPhone & iPadのどちらに加入するか検討しておく必要があります。

補償内容

AppleCare+ for iPhoneとケータイ補償サービスについてまとめます。

AppleCare+ for iPhone

AppleCare+ for iPhoneは、Appleが提供する補償サービスです。月額料金(もしくは一括)で保証料金(※)を支払うことで、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを割引価格で受けることができます。(※)機種により異なるので次章の表で説明。

AppleCare+ for iPhone出典:Apple AppleCare+ for iPhone

保証期間は2年間です。サービス料金は、画面割れは1回につき3,400円(税別)、その他の損傷は1回につき11,800円(税別)で、2年間で最大2回まで受けられます。画面割れとその他の損傷で合わせて2回までなので、例えば画面割れで2回修理を受けたとするとその他の損傷に対する修理は通常料金での修理になってしまいます。

修理料金の割引以外にも、消耗によるバッテリー交換を2年間ならば何度でも無償で受けることができます(バッテリーが保持する容量が本来の容量の80パーセント未満になった場合のみ)。

Appleの専任スペシャリストへのチャットまたは電話によるダイレクトアクセスも2年間利用できるので、不具合を電話で解消できる確率が高くなります。また、iOSとiCloudの基本操作などのソフトウェアのサポートをAppleの専任スペシャリストに聞くこともできます。

参考:Apple AppleCare製品 AppleCare+ for iPhone

ケータイ補償サービス for iPhone & iPad

ケータイ補償サービス for iPhone & iPadは、ドコモが提供する補償サービスです。月額料金(※)を支払うことで、水濡れ・全損・紛失・盗難・破損・故障・購入から1年を超えた自然故障のトラブルの際に、交換電話機を届けてくれるサービスです。月額料金とは別に交換電話機サービスを利用する際にサービス利用料金が11,000円もしくは7,500円(※)かかります。
(※) 機種により異なるので次章の表で説明。

ケータイ補償サービス for iPhone & iPad出典:ドコモ ケータイ補償サービス for iPhone & iPad

補償期間の定めはないので、月額料金を支払い続ける限りずっと補償の対象です。サービスは1年に2回まで利用できて、補償の申し込みから1日~2日以内で交換電話機(リフレッシュ品という他の人が使ったケータイを新品同様にしたもの)が直接届けられます。

参考:ドコモ ケータイ補償サービス for iPhone & iPad



月額料金と補償内容の比較一覧

AppleCare+ for iPhoneとケータイ補償サービス for iPhone & iPadの月額料金や補償内容の違いを一覧にまとめました。月額料金やサービス利用料金は、機種により異なります。

iPhone Xの場合

<iPhone Xの場合>

AppleCare+
(Appleが提供するサービス)
ケータイ補償サービス
(ドコモが提供するサービス)
購入場所AppleStore

ドコモショップ
/ドコモ取扱い店

ドコモショップ
/ドコモ取扱い店
料金22,800円
※一括払いのみ
950円/月
(24か月)
※月額払いのみ
→ 2年間で22,800円
750円/月
※初めての加入は31日間無料
サービス利用期間2年間なし
(月額料金を支払い続ける限り
ずっと)
サービス利用回数2年間に2回まで1年間に2回まで
修理不能な故障
(水濡れ・全損など)
×
自己負担額 11,000円
修理可能な故障画面割れ
自己負担額 3,400円

自己負担額 11,000円
その他
自己負担額 11,800円
紛失・盗難×
自己負担額 11,000円
バッテリー
無償 (※)
×

料金は税抜
※バッテリーが保持する容量が本来の容量の80パーセント未満になった場合

iPhone 8 Plus、iPhone 7 Plusの場合

<iPhone 8 Plus、iPhone 7 Plusの場合>

AppleCare+
(Appleが提供するサービス)
ケータイ補償サービス
(ドコモが提供するサービス)
購入場所AppleStore

ドコモショップ
/ドコモ取扱い店

ドコモショップ
/ドコモ取扱い店
料金16,800円
※一括払いのみ
700円/月
(24か月)
※月額払いのみ
→ 2年間で16,800円
750円/月
※初めての加入は31日間無料
サービス利用期間2年間なし
(月額料金を支払い続ける限り
ずっと)
サービス利用回数2年間に2回まで1年間に2回まで
修理不能な故障
(水濡れ・全損など)
×
自己負担額 11,000円
修理可能な故障画面割れ
自己負担額 3,400円

自己負担額 11,000円
その他
自己負担額 11,800円
紛失・盗難×
自己負担額 11,000円
バッテリー
無償 (※)
×

料金は税抜
※バッテリーが保持する容量が本来の容量の80パーセント未満になった場合

iPhone 8、iPhone 7などの場合

<iPhone 8、iPhone 7, iPhone 6sの場合>

AppleCare+
(Appleが提供するサービス)
ケータイ補償サービス
(ドコモが提供するサービス)
購入場所AppleStore

ドコモショップ
/ドコモ取扱い店

ドコモショップ
/ドコモ取扱い店
料金14,800円
※一括払いのみ
617円/月
(24か月)
※月額払いのみ
→ 2年間で14,808円
750円/月
※初めての加入は31日間無料
サービス利用期間2年間なし
(月額料金を支払い続ける限り
ずっと)
サービス利用回数2年間に2回まで1年間に2回まで
修理不能な故障
(水濡れ・全損など)
×
自己負担額 11,000円
修理可能な故障画面割れ
自己負担額 3,400円

自己負担額 11,000円
その他
自己負担額 11,800円
紛失・盗難×
自己負担額 11,000円
バッテリー
無償 (※)
×

料金は税抜
※バッテリーが保持する容量が本来の容量の80パーセント未満になった場合

iPhone 6 Plusの場合

<iPhone 6 Plusの場合>

AppleCare+
(Appleが提供するサービス)
ケータイ補償サービス
(ドコモが提供するサービス)
購入場所AppleStore

ドコモショップ
/ドコモ取扱い店

ドコモショップ
/ドコモ取扱い店
料金16,800円
※一括払いのみ
700円/月
(24か月)
※月額払いのみ
→ 2年間で16,800円
600円/月
※初めての加入は31日間無料
サービス利用期間2年間なし
(月額料金を支払い続ける限り
ずっと)
サービス利用回数2年間に2回まで1年間に2回まで
修理不能な故障
(水濡れ・全損など)
×
自己負担額 7,500円
修理可能な故障画面割れ
自己負担額 3,400円

自己負担額 7,500円
その他
自己負担額 11,800円
紛失・盗難×
自己負担額 7,500円
バッテリー
無償 (※)
×

料金は税抜
※バッテリーが保持する容量が本来の容量の80パーセント未満になった場合

iPhone 6の場合

<iPhone 6の場合>

AppleCare+
(Appleが提供するサービス)
ケータイ補償サービス
(ドコモが提供するサービス)
購入場所AppleStore

ドコモショップ
/ドコモ取扱い店

ドコモショップ
/ドコモ取扱い店
料金14,800円
※一括払いのみ
617円/月
(24か月)
※月額払いのみ
→ 2年間で14,808円
600円/月
※初めての加入は31日間無料
サービス利用期間2年間なし
(月額料金を支払い続ける限り
ずっと)
サービス利用回数2年間に2回まで1年間に2回まで
修理不能な故障
(水濡れ・全損など)
×
自己負担額 7,500円
修理可能な故障画面割れ
自己負担額 3,400円

自己負担額 7,500円
その他
自己負担額 11,800円
紛失・盗難×
自己負担額 7,500円
バッテリー
無償 (※)
×

料金は税抜
※バッテリーが保持する容量が本来の容量の80パーセント未満になった場合

iPhone 5sなどの場合

<iPhone SE,iPhone 5s, iPhone 5cの場合>

AppleCare+
(Appleが提供するサービス)
ケータイ補償サービス
(ドコモが提供するサービス)
購入場所AppleStore

ドコモショップ
/ドコモ取扱い店

ドコモショップ
/ドコモ取扱い店
料金12,800円
※一括払いのみ
534円/月
(24か月)
※月額払いのみ
→ 2年間で12,816円
600円/月 (※1)
※iPhone 5cは500円/月
※初めての加入は31日間無料
サービス利用期間2年間なし
(月額料金を支払い続ける限り
ずっと)
サービス利用回数2年間に2回まで1年間に2回まで
修理不能な故障
(水濡れ・全損など)
×
自己負担額 7,500円
修理可能な故障画面割れ
自己負担額 3,400円

自己負担額 7,500円
その他
自己負担額 11,800円
紛失・盗難×
自己負担額 7,500円
バッテリー
無償 (※2)
×

料金は税抜
※1:2015年5月19日までに加入していると392円/月 (24か月)
※2:バッテリーが保持する容量が本来の容量の80パーセント未満になった場合

 

本来は税込み価格で考えたほうが実際の値段がわかってよいのですが、Apple・ドコモともに公式ホームページに税抜価格しか掲載していないのでやむを得ず税抜価格で表示しています。実際には上記の補償料金やサービス利用料金に+税が発生するのでもう少し高くなると考えてください。

AppleCare+ for iPhoneにドコモで加入した場合の月額料金は日割り計算がされないので、月の下旬に加入すると少し損をした気分になるかもしれません(例えば3月31日に加入した場合、3月31日の1日間だけで月額料金が1か月分発生する)。一方で解約時は解約する月の月額料金は発生しません。

ケータイ補償サービス for iPhone & iPadの月額料金は、ケータイ補償サービスに初めて加入する場合は初回31日間が無料です。初回無料特典は1番号につき1回までなので、Androidのケータイ補償サービスにすでに加入したことがある場合は対象外です。コールセンターによると無料期間終了後の月額料金は日割り計算されるそうです。

AppleCare+ for iPhoneもケータイ補償サービス for iPhone & iPadも途中で解約することは可能ですが、解約後に再度契約することは原則としてできないのでよく考えたうえでの解約が必要です。

補償に加入したほうがお得なのか

実際にどのくらいお得なのかを考えるために、AppleCare+ for iPhoneやケータイ補償サービスfor iPhone & iPadに未加入の場合のAppleでの修理料金を調べてみました。

補償に未加入の場合の修理料金

<有料補償に未加入の場合の修理料金>

iPhone の修理サービス料金について料金は税抜
出典:Apple iPhone の修理サービス料金

この修理料金を踏まえて、実際にトラブルが起こったときに補償に加入していたほうがお得なのかどうか試算してみます。

画面割れ、画面割れ以外の損傷で修理料金は変わってくるので、それぞれの場合の例を挙げていきます。



画面割れの場合

修理代金は機種により異なるので、例としてiPhone7での画面割れの場合を見てみます。

iPhone7 画面割れ>

サービス
利用回数
半年間で1回1年間で1回1年間で2回2年間で1回2年間で2回
未加入17,800円17,800円35,600円17,800円35,600円
AppleCare+
(一括)
18,200円
(サ3,400円
+ホ14,800円)
18,200円
(サ3,400円
+ホ14,800円)
21,600円
(サ6,800円
+ホ14,800円)
18,200円
(サ3,400円
+ホ14,800円)
21,600円
(サ6,800円
+ホ14,800円)
未加入との差額+400円+400円-14,000円+400円-14,000円
AppleCare+
(月払い)
7,102円
(サ3,400円
+ホ3,702円)
10,804円
(サ3,400円
+ホ7,404円)
14,204円
(サ6,800円
+ホ7,404円)
18,208円
(サ3,400円
+ホ14,808円)
21,608円
(サ6,800円
+ホ14,808円)
未加入との差額-10,698円-6,996円-21,396円+408円-13,992円
ケータイ補償15,500円
(サ11,000円+ホ4,500円)
20,000円
(サ11,000円+ホ9,000円)
31,000円
(サ22,000円+ホ9,000円)
29,000円
(サ11,000円
+ホ18,000円)
40,000円
(サ22,000円
+ホ18,000円)
未加入との差額-2300円+2,200円-4,600円+11,200円+4,400円

料金は税抜
サ:サービス利用料金 ホ:支払い済み補償料金 (一括払いもしくは月払い)

未加入との差額が赤文字になっているパターンでは、補償に入ったほうが自己負担額が少なくて済み、お得です。

iPhone7画面割れの場合・・・

<AppleCare+(Appleが提供する補償サービス)

一括払い(AppleでiPhoneを購入)の場合 → 修理サービスを2回利用した場合は未加入よりお得

月額払い(ドコモでiPhoneを購入)の場合 → 2年間で1回以下しかサービスを利用しなかった場合を除き未加入よりお得

(注意) AppleCare+の場合は、初めの1年間で2回画面割れの修理サービスを使ってしまうと、次の1年間は画面割れ・その他損傷ともに修理の割引サービスは受けられません。月額払いの場合は、その後1年間も月額料金を払い続けるか検討するほうがよいでしょう。

<ケータイ補償サービス (ドコモが提供す補償サービス)

修理サービスを半年で1回、1年で2回使った場合は、未加入よりお得

その他の損傷の場合

続いて画面割れ以外の損傷の場合を試算します。

iPhone7 画面割れ以外の損傷>

サービス
利用回数
半年間で1回1年間で1回1年間で2回2年間で1回2年間で2回
未加入35,800円35,800円71,600円35,800円71,600円
AppleCare+
(一括)
26,600円
(サ11,800円
+ホ14,800円)
26,600円
(サ11,800円
+ホ14,800円)
38,400円
(サ23,600円
+ホ14,800円)
26,600円
(サ11,800円
+ホ14,800円)
38,400円
(サ23,600円
+ホ14,800円)
未加入との差額-9,200円-9,200円-33,200円-9,200円-33,200円
AppleCare+
(月払い)
15,502円
(サ11,800円+ホ3,702円)
19,204円
(サ11,800円
+ホ7,404円)
31,004円
(サ23,600円
+ホ7,404円)
26,608円
(サ11,800円
+ホ14,808円)
38,408円
(サ23,600円
+ホ14,808円)
未加入との差額-20,298円-16,596円-40,596円-9,192円-33,192円
ケータイ補償15,500円
(サ11,000円+ホ4,500円)
20,000円
(サ11,000円
+ホ9,000円)
31,000円
(サ22,000円
+ホ9,000円)
29,000円
(サ11,000円
+ホ18,000円)
40,000円
(サ22,000円
+ホ18,000円)
未加入との差額-20,300円-15,800円-40,600円-6,800円-31,600円

料金は税抜
サ:サービス利用料金 ホ:支払い済み補償料金 (一括払いもしくは月払い)

未加入との差額が赤文字になっているパターンでは、補償に入ったほうが自己負担額が少なくて済み、お得です。

画面割れ以外の損傷は・・・

<AppleCare+ (Appleが提供する補償サービス)

1回でも修理サービスを利用すれば未加入よりお得

<ケータイ補償サービス (ドコモが提供する補償サービス)

1回でも修理サービスを利用すれば未加入よりお得

 

画面割れとそれ以外の補償に分けてまとめましたが、もちろん画面割れ1回・それ以外の損傷1回というパターンもあるので、すべてのパターンを想定するのは難しいですが、画面割れ以外の損傷では補償に入っていたほうが自己負担額が少ないと考えてよさそうです。画面割れだけだと、修理料金はそこまで高くないので補償に入っていたほうが必ずしもお得になるとは限らないようです。

また、今回はiPhone7以外の機種では修理料金などに若干の差が出ますので、目安程度に考えてください。

あくまでAppleでの修理料金で試算したので、街のリペアショップなどではもう少し修理代金が安くなる可能性もあります。



それぞれの補償のメリット・デメリット

ここまでに挙げてきた点も含め、AppleCare+ for iPhoneとケータイ補償サービス for iPhone & iPadのメリット・デメリットをまとめます。

AppleCare+
(Appleが提供するサービス)
ケータイ補償サービス
(ドコモが提供するサービス)
メリット画面損傷が3,400円 (2年で2回まで)

○エクスプレス交換サービスだと2~3日で
_交換機を受け取り可能

○エクスプレス交換サービスだと来店不要

○消耗によるバッテリー交換が何度でも無償

○その他のサービス(Appleの専任スペシャリストにチャットまたは電話での相談など)もついてくる

月額料金を支払い続ける限りずっと補償

○1年に2回まで交換電話機サービスを利用可

○1~2日以内に交換電話機が届く

○サービス利用は電話やMy docomoから申し込めるので来店不要

○月額料金がdポイント付与対象

 

デメリット○修理不能な故障(全損など)が補償対象外

○紛失・盗難が補償対象外

○修理割引サービス利用料金(画面割れ以外の損傷)が11,800円と高い

○2年間で保証が終了

○修理割引サービスは2年間で2回までしか利用できない

○月額料金はdポイント付与対象外

○サービス利用料金が11,000円(iPhone X、iPhone 8など)もしくは7,500円(iPhone6など)と高い

○画面割れでは自己負担額が補償未加入に比べて高くなる場合も多い

○交換電話機サービスで旧機種を返却しないと8万円の違約金が発生する

○バッテリー交換が対象外

 

細かい点ですが、AppleCare+ for iPhoneの月額料金(ドコモで申し込んだ場合)はdポイント付与対象外ですが、ケータイ補償サービス for iPhone & iPadの月額料金はdポイントの付与対象です(dポイントカスタマーセンターに確認済み)。

表中のデメリットの黄色いマーカーを塗った部分は特に注意が必要です。

 

iPhoneをドコモショップ・ドコモオンラインショップ・ドコモ取扱い店で購入した場合は、このデメリット部分は、dカード GOLDを契約することでカバーできます

dカード GOLDで補償を手厚くする方法

dカード GOLDは、ドコモが発行するクレジットカードです。

参考:dカード GOLD 公式サイト

dカード GOLDは契約しているだけで、ドコモのケータイ・ドコモ光利用料金の10%分ものポイントがたまるうえに、たまったポイントは1ポイント1円からケータイ利用料金の支払いに使えます実質ケータイ利用料金の節約になり、ドコモユーザーの多くが持っているだけで年会費(税込み10,800円)以上にお得になるクレジットカードです。

dカード GOLD 公式キャンペーン

 

dカード GOLDには様々な特典がついてきますが、その中で絶大なメリットがあるのがdカード ケータイ補償です。

dカード GOLD ケータイ補償

購入から3年以内の端末が盗難・紛失・修理不能(水濡れ・全損など)となった際に、新規端末を購入する代金を最大10万円までサポート

コールセンターによると、iPhoneをドコモショップ・ドコモオンラインショップ・ドコモ取扱い店で購入した場合は、dカード GOLDケータイ補償の対象となるそうです(AppleStoreで購入した場合は対象外)。

10万円まで補償されるのは本当に大きいです。わが家はdカード GOLDに付帯のケータイ補償を利用して約10万円のスマホに無料で機種変更できました。

dカード GOLDのケータイ補償を使ってみた!圧倒的なお得さと注意点まとめ。審査の流れも詳しく紹介。
先日、dカードGOLDのケータイ補償を使って無料で新しいスマホを手に入れることができたので、実際どのように手続きしたのか紹介します。コールセンターに確認した審査に落ちるパターンや注意点などについても詳しく解説!

 

つまり、dカード GOLDを持っていれば、AppleCare+ for iPhoneでは補償できない修理不能な故障(全損など)や紛失・盗難にも10万円の補償がつきます。

ケータイ補償サービス for iPhone & iPadの場合は、修理不能な故障(全損など)や紛失・盗難も補償できるものの自己負担額が高いのがネックでしたが、dカード GOLD ケータイ補償があれば10万円のサポートがあります。

さらに、dカード GOLDの家族会員も本人会員と同じ補償を受けられます!しかも、家族カード

の1枚目は年会費が無料!!

dカード GOLDの家族カードを絶対作るべき9つのお得な理由。忘れてはいけない登録などの注意点も。
dカードGOLDを作ったけれど家族カードは作らなかったという方はいらっしゃいませんか? 「家族カードは使わないから」、「家族はドコモじゃないから」という理由で、家族カードを作らないのはもったいないですよ。 家族カードは使わなくてもいいです!家族がドコモでなくてもいいです!dカードGOLDの家族カードは持っているだけでお得なんです。大げさに言えば、使いたくなければ普段はタンスにしまっておいても大丈夫です! 今回は、dカードGOLDの家族カードを作っておくとどのようにお得か、実際に家族カードを使っている私が解説します。

ドコモのケータイ・ドコモ光利用料金の10%分ものポイントがたまることやその他の特典(海外旅行保険、空港ラウンジサービス、ローソン5%還元・・・etc)も考えると、ドコモユーザーなのにdカード GOLDを持っていないのはもったいないです。

dカード GOLDで実際にいくら得するか一番簡単にわかる方法!騙されたとならないために。申し込み前必見のレビューも。
ドコモユーザーなのにまだdカードGOLDを持っていないならもったいない!ケータイ利用料金の10%分のポイントがたまるうえに、たまったポイントはケータイ利用料金の支払いにも使える!年会費以上にお得になるのか確認する簡単な方法を解説。最大10万円キャッシュバックのdカードケータイ補償、自動付帯の海外旅行保険など魅力的な特典も。

 

ドコモでiPhoneを購入するならdカード GOLDを契約したほうがお得な理由についてまとめました。

ドコモでiPhoneを購入するならdカード GOLDを持っているとお得な理由。ケータイ補償で10万円サポートは必見!
ドコモでiPhoneを購入するならば、dカード GOLDを契約することをおすすめします。 ドコモが発行するクレジットカードであるdカード GOLDは、契約者がどんどん増えて2019年1月に会員数が500万を突破しました。 ...

 

 


まとめ

ドコモのiPhoneは、2つの有料補償があります。

Apple Care + for iPhone(Appleが提供する補償サービス)

ケータイ補償サービス for iPhone & iPad(ドコモが提供する補償サービス)

 

購入する場所によって、選べる補償は違うので購入前に検討しておくのがベストです。

AppleStoreでiPhoneを購入する場合:AppleCare+ for iPhoneに加入するか決めておく(ケータイ補償サービス for iPhone & iPadへの加入は不可)

ドコモでiPhoneを購入するを購入する場合:AppleCare+ for iPhoneもしくはケータイ補償サービス for iPhone & iPadのどちらに加入するか(もしくは何も加入しないか)決めておく

 

それぞれの補償の違いはざっくりまとめるとこのようになります。

AppleCare+
(Appleが提供するサービス)
ケータイ補償サービス
(ドコモが提供するサービス)
サービス利用期間2年間なし
(月額料金を支払い続ける限り
ずっと)
サービス利用回数2年間に2回まで1年間に2回まで
修理不能な故障
(水濡れ・全損など)
×
自己負担額 11,000円
もしくは7,500円
修理可能な故障画面割れ
自己負担額 3,400円

自己負担額 11,000円
もしくは7,500円
その他
自己負担額 11,800円
紛失・盗難×
自己負担額 11,000円
もしくは7,500円
バッテリー
無償 (※)
×

料金は税抜
※バッテリーが保持する容量が本来の容量の80パーセント未満になった場合

 

AppleCare+ for iPhoneもしくはケータイ補償サービス for iPhone & iPadにプラスしてdカード GOLDのケータイ補償をつけておくとお得です。

dカード GOLDのケータイ補償は、購入から3年以内の故障・盗難・修理不能(水濡れ・全損など)の場合は、新しい携帯電話端末を購入した代金を10万円までキャッシュバックしてくれるという手厚い補償があります。

dカード GOLDのケータイ補償を使ってみた!圧倒的なお得さと注意点まとめ。審査の流れも詳しく紹介。
先日、dカードGOLDのケータイ補償を使って無料で新しいスマホを手に入れることができたので、実際どのように手続きしたのか紹介します。コールセンターに確認した審査に落ちるパターンや注意点などについても詳しく解説!

 

その他のdカード GOLDの魅力を伝えます!私も初めは興味がなかったのですが、作ってみたらベストスリーに入るお気に入りクレジットカードになりました。

dカード GOLDは何がお得?特典とメリットを厳選して紹介&こんな人におすすめ。
dカード GOLDの魅力のすべてを別の記事で書きましたが、dカード GOLDはメリットが多すぎてだいぶボリュームのある内容になってしまいました。 「特にお得なポイントだけ知りたい!」という方向けに、dカード GOLDの...

 

「年会費がかかるから」という理由だけでdカード GOLDを作らないのはもったいない!

ヘビーユーザーは、dカード GOLDを作ると年会費相当を上回るポイントを獲得できるうえに充実した特典が利用できて断然お得になります!

dカード GOLDはすべてのドコモユーザーにおすすめです。

dカード GOLDならば、ケータイ・ドコモ光利用料金のポイント還元率が1%→10%に。しかも、ケータイ・ドコモ光料金のdカード GOLDでの決済は必須条件ではないので、dカード GOLDを契約しているだけでポイントがたまります!

 

「dカード GOLDを作ったら、どのくらいお得になるの?」という方には、こちらの記事がおすすめ。

dカード GOLDで実際にいくら得するか一番簡単にわかる方法!騙されたとならないために。申し込み前必見のレビューも。
ドコモユーザーなのにまだdカードGOLDを持っていないならもったいない!ケータイ利用料金の10%分のポイントがたまるうえに、たまったポイントはケータイ利用料金の支払いにも使える!年会費以上にお得になるのか確認する簡単な方法を解説。最大10万円キャッシュバックのdカードケータイ補償、自動付帯の海外旅行保険など魅力的な特典も。

dカード GOLDは

今なら最大13,000円相当の入会&利用特典がもらえる!!

 

 

ドコモユーザーはdカード GOLDを作らないともったいない!!

☑ケータイ・ドコモ光利用料金の10%分のポイントがたまる!

☑ためたポイントで毎月のケータイ料金の支払いができる!

最大10万円キャッシュバックのdカード ケータイ補償!

☑充実した海外旅行傷害保険が自動付帯などの豊富な特典!

 

審査は最短5分!申し込みは簡単・インターネットで完結!

公式サイトのdカード GOLDの内容は、とてもよくまとまっていてわかりやすいです。

 

ドコモでiPhoneを購入するならdカード GOLDを契約したほうがお得な理由についてまとめました。わが家も利用した最大10万円キャッシュバックのdカード ケータイ補償は必見です!

ドコモでiPhoneを購入するならdカード GOLDを持っているとお得な理由。ケータイ補償で10万円サポートは必見!
ドコモでiPhoneを購入するならば、dカード GOLDを契約することをおすすめします。 ドコモが発行するクレジットカードであるdカード GOLDは、契約者がどんどん増えて2019年1月に会員数が500万を突破しました。 ...

 

<NEWS>

dカード GOLDの契約者は、どんどん増えて2019年1月に会員数が500万を突破しました。ドコモユーザーにとってお得なことが知られてきたせいか、ドコモユーザーはかなりの割合でdカード GOLDを持っている計算です。

参考:dカード「dカード GOLD」の会員数が500万を突破 <2019年2月1日>

 

日経トレンディ2017年10月号のクレジットカード特集では、dカード GOLDがゴールドカードランキングで堂々の第1位に選ばれていました!!

dカード GOLD(日経トレンディ 2017年10月)

出典:日経トレンディ 2017年10月号(日経BP社)

dカード GOLDが実際にお得で注目度・人気が高いことが伺えます。