dカード GOLDの4つの落とし穴と確実にお得に使いこなす方法を徹底解説。申し込み前必見!

dカード GOLD(dカードゴールド)

ドコモが発行するクレジットカードであるdカード GOLD(dカードゴールド)。うまく活用することで毎月のドコモ料金や日常のショッピングなどをかなりお得にできるので、ドコモユーザーは年会費を支払ってでも持っていたい優秀なゴールドカードです。

ただし、dカード GOLDの特典内容はわかりづらくて勘違いが発生しやすいという難点があります。この勘違いしやすい落とし穴をきちんと理解したうえでdカード GOLDを作れば、後から「思っていたよりお得にできなかった」ということもなく、特典のメリットを十分に受けられます。

 

今回は、公式サイトがはっきりと教えてくれないdカード GOLDの落とし穴とお得に活用する方法を詳しくまとめました。

これからdカード GOLDを作る人は必見の内容なので、ブックマークしてじっくり読んでいただくことをおすすめします。

 

 

ドコモユーザーはdカード GOLDを作らないともったいない!!

☑ケータイ・ドコモ光利用料金の10%分のポイントがたまる!

☑ためたポイントで毎月のケータイ料金の支払いができる!

最大10万円キャッシュバックのdカード ケータイ補償!

☑充実した海外旅行傷害保険が自動付帯などの豊富な特典!

 

審査は最短5分!申し込みは簡単・インターネットで完結!

 

  

dカード GOLDの基本情報

dカード GOLD(dカードゴールド)は、ドコモが発行するクレジットカードです。

dカード GOLD券面(3つのメリット)

参考:dカード GOLD 公式サイト

 

dカード GOLDの基本情報を一覧にしました。

年会費10,000円(税抜)
ポイント
還元率
(dポイント)
ショッピング1%
(100円につき1ポイント)
ドコモ料金10%
(1,000円につき100ポイント)
国際ブランドMastercard/VISA
電子マネーiD
家族カード3枚まで申し込み可
1枚目 年会費無料
2枚目以降 年会費1,000円(税抜)/枚
ETCカード年会費無料
家族会員にも年会費無料で各1枚発行可
支払い方法1回払い、2回払い、ボーナス払い、リボ払い、分割払いから選択
支払い日毎月15日締め切りで、翌月10日(金融機関休業日の場合は翌営業日)支払い

会員数は500万突破

2015年に前身のDCMX GOLDがdカード GOLDにリニューアルされてから、急速に契約数が伸びて約3年後の2019年1月に会員数が500万を突破しました。

<dカード GOLD会員数の推移>

日付契約数
2007年4月23日「DCMX GOLD」提供開始
2015年11月20日「dカード GOLD」リニューアル
2016年3月29日100万会員を突破
2016年12月28日200万会員を突破
2017年9月11日300万会員を突破
2018年4月25日400万会員を突破
2019年1月28日500万会員を突破

参考:dカード「dカード GOLD」の会員数が500万を突破 <2019年2月1日>

dカード GOLDにしないともったいないと気づいたドコモユーザーが次々と契約していることが会員数が劇的に増加している背景にあるようです。

ゴールドカードランキング1位を獲得

日経トレンディのクレジットカード特集では、dカード GOLDがゴールドカードランキングで堂々の第1位に選ばれていました。

dカード GOLD(日経トレンディ 2017年10月)

出典:日経トレンディ 2017年10月号(日経BP社)

他のゴールドカードと比較しても、dカード GOLDが高く評価されていることが伺えます。

dカード GOLDの特典一覧と主な特典

dカード GOLDの年会費は1万円+税です。年会費1万円のカードをこれだけ多くの人が作っている理由、それはひとえに年会費以上の価値があって得をするからです。

dカード GOLDの特典を一覧にしました。

特典概要
ドコモのケータイがお得・安心ドコモのケータイ料金で
ポイント10%還元
(dポイントクラブ優待)
ドコモのケータイ/「ドコモ光」利用料金で1,000円(税抜)につき100ポイントたまる
dカード ケータイ補償紛失・盗難・修理不能(水濡れ・全損)で、購入後3年間最大10万円まで補償
普段の買物でお得・安心年間利用額特典前年の年間利用額累計が、100万円以上で10,800円相当、200万円以上で21,600円相当の選べる特典を進呈
dカード特約店dカード(クレジット・iD)のお支払いで、dポイントが2%以上たまる
ローソンでは5%還元(3%割引き+2%ポイント)
dポイント加盟店dカードの提示で、dカード利用の1%に加え、加盟店ごとのポイントが加算
dカードポイントUPモールdカードポイントUPモールを経由するだけで1.5~10.5倍ポイントがたまる
お買物あんしん保険盗難や破損などの損害時に年間300万円まで補償
旅行でお得・安心空港ラウンジ無料サービス全国29・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
海外旅行保険海外旅行中の治療費や損害賠償まで幅広くサポート
国内旅行保険国内旅行中の不慮の事故や、航空機の欠航・遅延を補償
VJデスク(旅のサポート)世界各地で日本語スタッフが旅行をサポート(現地の最新情報、ホテル、レストランの紹介、各種交通機関などを案内)
海外緊急サービス海外での紛失・盗難時に暫定カードを発行(カード紛失・盗難受付デスク(海外)が24時間・年中無休で受け付け)
海外レンタカー優待サービス海外のレンタカーを便利におトクに利用可能(世界最大のネットワークを誇るハーツレンタカーの割引優待サービス)
入会でお得入会&利用特典最大14,000円相当のプレゼント

 

dカード GOLDの主要な特典であるドコモのケータイ料金でポイント10%還元、dカード ケータイ補償、年間利用額特典について、特長を簡単にまとめておきます。

ドコモ料金が10%ポイント還元

dカード GOLDのケータイ・ドコモ光利用料金の10%ポイント還元では、毎月のドコモのケータイ・ドコモ光利用料金に対して1,000円につき100ポイントがたまります。

dカード GOLD ケータイ・ドコモ光利用料金10%ポイント還元

出典:dカード GOLD 公式サイト

 

10%ポイント還元の内訳を少し詳しく説明すると、dポイントクラブ会員を対象としたポイント進呈 (1%)と、「dカード GOLD特典」としてのポイント進呈(9%)に分かれています。

dカード GOLD ケータイ利用料金10%内訳図

dカード GOLDを持っていないと1%しかもらえていない状態です。dカード GOLDを作ると特典として上乗せで9%もらえて合計で10%になります。つまり、dカード GOLDを作れば現在獲得しているポイントの10倍もポイントがたまるという計算になります。

10%と聞いてもどのくらいかピンとこない人も、dカード GOLDを持っていない場合の10倍たまると聞けばそのすごさがわかるはずです。しかも、たまったポイントは翌月以降のケータイ利用料金の支払いに利用することもできるので、ケータイ利用料金が実質10%割引きになる計算です。

毎月必ず発生するケータイ利用料金が実質10%割引きになるのは、ドコモユーザーにとって恩恵がかなり大きいです。ドコモ光を契約していれば、ドコモ光分も同じくポイント10倍です。

dカード ケータイ補償

dカード GOLDの特典で目玉の1つはdカード ケータイ補償です。

購入から3年以内の端末の全損・紛失・盗難について10万円までキャッシュバッされるという太っ腹な補償内容です。

dカード ケータイ補償 概要

参考:dカード GOLD 公式サイト

わが家もdカード GOLDを契約して半年後に夫がこのdカード ケータイ補償を実際に利用しました。約10万円のスマホに機種変更した代金を全額キャッシュバックしてもらえました。つまり、自己負担ゼロ、タダで10万円の新品スマホに機種変更できたことになります。10年分の年会費分が一気にお得になってしまったも同然でした。

dカードGLODのケータイ補償で約10万円が実際にキャッシュバックされていることがわかる明細。

dカード ケータイ補償を実際に利用した際の流れなど詳細は別の記事にまとめています。

dカード GOLDのケータイ補償を使ってみた!圧倒的なお得さと注意点まとめ。審査の流れも詳しく紹介。
先日、dカードGOLDのケータイ補償を使って無料で新しいスマホを手に入れることができたので、実際どのように手続きしたのか紹介します。コールセンターに確認した審査に落ちるパターンや注意点などについても詳しく解説!

しかも、家族カード(1枚目年会費無料)を作っておけば、家族会員のケータイトラブルも別枠で10万円補償の対象です。

dカード GOLDを契約すれば追加料金なしでこの補償がついてくるので、スマホの補償を強化するためにdカード GOLDを保有する人もいるようです。

年間利用額特典

dカード GOLDの見落としがちな特典として年間利用額特典があります。

dカード GOLDに決済を集約して年間100万円利用すると10,800円相当の特典、年間200万円利用すると21,600円相当の特典がもらえます。

dカード GOLD 年間利用額特典

出典:dカード GOLD 年間ご利用額特典(2019年5月お届け分)

特典はケータイ割引クーポンやdショッピングクーポンなどから好きなものを選べます。

<dカード GOLD年間ご利用額特典(2018年5月お届け分の場合)>

年間100万円以上年間200万円以上
ケータイ購入割引クーポン10,800円相当21,600円相当
d fashionクーポン10,800円相当21,600円相当
dトラベルクーポン10,800円相当21,600円相当
dショッピングクーポン10,800円相当21,600円相当
dデリバリークーポン10,800円相当21,600円相当

dトラベルやdデリバリーは利用しないという人にはdショッピングクーポンでネットショッピングがおすすめです。1万円分の買い物がクーポンで無料になります。

機種変更をする予定があるならばケータイ購入割引クーポンもおすすめです。端末の分割代金が小さくなるので毎月のドコモの料金を安くできます。

年間利用額特典だけで確実に年会費の元を取ることができます。

入会&利用特典

dカード GOLDは入会&利用特典を獲得することで、誰もが初年度は年会費以上にお得にできます。

今なら期間限定で1,000円分のiDキャッシュバック増額キャンペーンが実施中です。入会しただけでもらえる金額が通常より1,000円も多く、合計で最大14,000円相当がプレゼントされるチャンスです。

【2019年最新】dカード GOLDで期間限定の入会キャンペーン!エントリーは?家族カードは対象?
dカード GOLD(dカードゴールド)で新たな入会キャンペーンがスタートしました。 申し込もうか迷っていた人はこれまでより確実にお得な今がチャンスです。 今回は、2019年4月に始まったdカード GOLDのiDキャッシュ...

入会&利用特典+増額キャンペーンで初年度の年会費相当を確実に獲得することで、毎月のケータイ・ドコモ光の10%還元分はただただプラスになります。

 

初年度は入会&利用特典で確実に年会費以上にお得!

dカード GOLDの落とし穴

このようにdカード GOLDはとてもお得な特典が目白押しであるにも関わらず、口コミでは「騙された」とか「損した」などと書かれることがあります。

それはdカード GOLDの特典内容がとても複雑でわかりにくいがために勘違いが発生していることが原因と考えます。

dカード GOLD特典のよい面だけでなく落とし穴を知っておくことで、作ってから「騙された」とか「損した」などと思うことはなくなります。

ドコモ料金10%還元のワナ~“月額9,000円以上ならばお得”の嘘~

まず、誤解が一番多いのがdカード GOLDの特典であるドコモ料金の10%ポイント還元に関することです。

dカード GOLDを契約すると毎月のドコモケータイ・ドコモ光の利用料金の10%ポイント還元がされるという内容であるため、よく「月額9,000円以上支払っているならば年会費(1万円+税)相当のポイントを獲得できてお得」と言われます。しかし、これは当てはまらない場合が多いです

月額9,000円ならば900ポイント(9,000円×10%)×12カ月=10,800ポイント(dカード GOLDの年会費は1万円+税)だから計算は合っているように思えますが、ここに大きな落とし穴があります。

なぜならば、10%ポイント還元には細かい注意事項があり、単純にドコモの請求額の10%分のポイントがもらえるわけではないからです。

dカード GOLDの落とし穴①
ドコモの請求額×10%のポイントがもらえるわけではない
⇒「月額9,000円以上支払っているならば年会費(1万円+税)相当のポイントを獲得できてお得」に騙されないこと!

 

どういうことか実際の利用明細で見てみましょう。

例えば、dカード GOLDを契約しているにも関わらず、このように請求額は約8,000円なのに300ポイントしかついていません。

dカード GOLD 10%ポイント(利用明細 8,000円で300P)赤字入り

約8,000円で10%還元ならば800ポイントはつくと思ったところ獲得ポイント数が少なかったために、「騙された」といった口コミに繋がっているようです。

なぜ、請求額の10%よりも少ない獲得ポイント数だったのでしょうか。

それは、ケータイ・ドコモ光料金の10%ポイント還元の基本的な3つの注意事項が関係してきます。(めんどくさいという人は、ここを理解しなくても“dカード GOLDを作ったら何ポイントもらえるか”を簡単に確認する裏ワザを次の章にまとめているので飛ばしてOKです)

①端末代金、消費税など10%還元の対象外の項目がある
②月々サポートなどの割引後の金額に対して10%
③1,000円につき100ポイントの進呈(1,000円未満は切り捨て

図解するとこのようになります。

dカード GOLD 10%ポイント還元 ポイント進呈対象額 図解

3つの注意事項をそれぞれ具体的に説明していきます。

端末の分割代金など対象外の項目がある

まず、請求書のすべての料金項目が10%ポイント還元の対象ではありません。ポイント還元の対象となる項目とならない項目があります。

10%還元 対象10%還元 対象外
各種割引サービス適用後の基本使用料、通話・通信料、付加機能使用料の金額
(FOMAサービスの利用金額のうちFOMA位置情報/FOMAユビキタスサービスにかかる基本使用料および通信料は除く)
各種手数料
電報料
コンテンツ使用料/iモード情報料
コレクトコール通話料
ケータイのご購入代金分割支払金/分割払金
ドコモ口座による利用代金(送金依頼額および利用料)
消費税
「ケータイ補償サービス」「ケータイ補償 お届けサービス」ご利用時のお客さまご負担金
「ドコモ光」事務手数料・工事料および光訪問サポート利用料
1回ごとにお申込みが必要となるサービスなど

出典:dカード dポイントクラブご優待(10%ポイント還元)

 

特に端末を分割払いにした際の分割支払金や消費税が対象外であることは、見落としてしまいがちな点です。

端末の分割支払金が毎月3,000~4,000円請求されている人も多いはずですが、その金額は除いて考えないといけません。

月々サポートなどの割引後の金額が対象

また、月々サポートなどの“各種割引サービス適用後”の基本使用料などに対して10%還元であることも重要です。

月々サポートの額は購入機種に応じて決定されるため、端末代金の割引きのように感じてしまいますが、端末代金からではなく「基本使用料、国内通話通信料、パケット定額料、付加機能使用料」の合計額から割引きされる仕組みです。

月々サポート 基本使用料から割引き

この仕組みがドコモ料金のポイント付与に大きく影響します。元々ポイント対象外である端末代金分割支払金から割引きされればダメージがないところを、ポイント対象である基本使用料を割り引いてしまうので、結果としてポイント対象となる金額が少なくなってしまいます

 

docomo withなどその他の割引サービスも同様です。

2019年5月31日で月々サポートの新規受付は終了したので、こういった事例も徐々に少なくはなってきますが、月々サポートなどの各種割引きを受けているのであれば注意が必要です。

(ややこしく感じるかもしれませんが、後述の「dカード GOLDにしたらもらえるポイント数を事前に確認する方法」では、こういった難しい点を一切考えずに獲得できるポイント数を導き出せます。)

1,000円未満は切り捨て

さらに10%還元の単位は「1,000円につき100ポイント」です。そのため1,000円未満の端数はポイントがつかずに切り捨てられます。

つまり、ポイント進呈の対象金額が1,000円でも100ポイント、1,999円でも100ポイントです。

dカード GOLD ポイント1,000円未満切り捨て(赤字入り)

1,000円未満は切り捨てられてしまうので損した気分になるかもしれませんが、わが家は1,000円未満の端数分だけポイント支払いをするという方法で、このデメリットを緩和しています。

dポイントは毎月のドコモのケータイ利用料金の支払いに1ポイント=1円から充当することができます。

dポイント ケータイ利用料金に充当

出典:dポイントクラブ dポイント つかう

ケータイ利用料金をポイント払いする際に1つ気をつけたいのは、ポイント払いをした分には10%還元されないという点です。なので、せっかく10%も還元されるケータイ利用料金をdポイント払いするのはもったいないともいえます。そこで、元々ポイント進呈の対象外になる端数分だけポイントで支払うことで、ポイントを無駄なく消費しつつ10%還元はしっかり確保することができます。

dカード GOLD 1,000円未満ポイント支払い(赤字入り)

 

ケータイ料金の10%還元が「1,000円につき100ポイント」であることはもったいない仕組みではあるものの、このようにそのデメリットを緩和することができるので、わが家ではポイントを無駄なく消費するのに役立つと考えています。

ケータイ利用料金の支払いへの充当は、料金の見直しなしでもドコモの毎月の請求額を減らせる簡単な方法で、dポイントのお得な使い道としてもおすすめです。詳しい手順は別の記事にまとめています。

dカード GOLDでドコモ携帯料金を簡単に安くする方法。スマホ代を割引する手順や注意点。
プランの見直しなしですぐに毎月のドコモの料金を割引する方法についてまとめました。実際にわが家も毎月やっていてとても簡単です。 ドコモの料金が高いという悩み 「ドコモの料金が高い」と感じていませんか? 巷では格安SIMにして...

家族の回線分も10%還元するには家族カードが必要

家族もドコモという場合は、家族カードを必ず申し込みましょう。

「家族カードを作っていなかったから本人回線分しか10%ポイントがたまっていなかった」「家族カードの紐付け登録を忘れていた」というのは、dカード GOLDのよくある間違いです。

dカード GOLDの落とし穴②
家族の回線分を10%還元するには家族カードが必要。
家族カード到着後に紐付け登録を忘れずに。

dカード GOLDは1枚につき1つの回線しか紐付け登録ができません。ですので、たとえ一括請求をしていたとしても、家族の回線分は家族カードがないと10%還元になりません

さらに本人カードとは違い、家族カードはカード到着後に紐付け登録をしないと10%還元されません。紐付け登録は簡単です。登録方法はカードに同封のスタートアップガイドにわかりやすく書いてあるので、カードが手元に届いたらすぐに登録を済ませましょう。

そして、念のため翌月の請求書を確認することをおすすめします。「1年後に見たらこれまでずっと付与されていなかった」では遅いので、入会翌月くらいは請求書もしくはdポイント獲得履歴をチェックしましょう。

dカード GOLDの家族カードは最大3枚まで作ることができます。家族カードの1枚目は年会費が無料なので、絶対に申し込みましょう。家族回線の10%ポイント還元以外にも家族のケータイにも3年間最大10万円キャッシュバックのdカード ケータイ補償が無料でついてくることになるので、申し込まない理由がありません。家族カードは2枚目以降も年会費は1,000円+税と格安です。

dカード GOLDの家族カードを絶対作るべき9つのお得な理由。忘れてはいけない登録などの注意点も。
dカードGOLDを作ったけれど家族カードは作らなかったという方はいらっしゃいませんか? 「家族カードは使わないから」、「家族はドコモじゃないから」という理由で、家族カードを作らないのはもったいないですよ。 家族カードは使わなくてもいいです!家族がドコモでなくてもいいです!dカードGOLDの家族カードは持っているだけでお得なんです。大げさに言えば、使いたくなければ普段はタンスにしまっておいても大丈夫です! 今回は、dカードGOLDの家族カードを作っておくとどのようにお得か、実際に家族カードを使っている私が解説します。

ドコモ料金は決済ポイント対象外

ドコモの利用料金をdカード払いにしても決済ポイントはたまらないことには注意が必要です。

dカード GOLDの落とし穴③
ケータイ・ドコモ光利用料金をdカード払いにしても決済ポイント(1%)はたまらない

 

「え、10%ポイント還元ではないの?」と思うかもしれなく、ややこしいので整理してみます。

<dカード GOLDのポイント還元率>

ショッピング利用1%
(100円につき1ポイント)
決済ポイントとして
ドコモのケータイ・ドコモ光利用料金10%
(1,000円につき100ポイント)
dポイントクラブの優遇特典として(通常の1%に特典として9%上乗せ)

dカード GOLDはショッピングや公共料金の決済ポイントが100円につき1ポイント(1%)たまります。ただし、ケータイ・ドコモ光利用料金の支払いは、決済ポイント進呈の対象外です。

10%ポイント還元は決済ポイントではなく、dカード GOLDを契約していることでdポイントクラブでの優遇特典が受けられる仕組みです。

dカード ポイント進呈対象一覧(ケータイ利用料金・注意事項)出典:dカードポイントサービスに関するご注意事項

 

10%ポイント還元はドコモの回線とdカード GOLDが正しく紐付け登録されていればdカード GOLDの特典として適用になります。つまり、ドコモ料金をdカード GOLDで決済しているかどうかは関係なく10%還元されます

このことをきちんと理解しておかないと次のような勘違いが発生します。

<dカード GOLDのよくある勘違い①>
「ケータイ利用料金をdカード払いにしないと10%ポイント還元されない」×
「ケータイ利用料金をdカード払いにしなくても10%ポイント還元される」⇒○
<dカード GOLDのよくある勘違い②>
「ケータイ利用料金をdカード払いにすると、10%ポイント還元とは別に決済ポイント(1%)もたまる
×
「ケータイ利用料金をdカード払いにしても、決済ポイントはたまらない(ケータイ利用料金は決済ポイント進呈の対象外)」⇒○

ドコモ料金をdカード払いにするメリット

紐付け登録さえできていれば10%ポイント還元されるならば、ケータイ利用料金の引き落としはdカード以外のクレジットカードがよいかと思うかもしれません。たしかに別のクレジットカードでケータイ利用料金を引き落とせば、10%ポイント還元+別のクレジットカードの決済ポイントα%の二重取りでお得に感じます。一時期はわが家もこの二重取りをしていたのですが、dカードでケータイ利用料金をdカード払いするほうがわが家はお得になることに気づきました。

ケータイ利用料金をdカードで決済するメリットは次の4点です。

・年間利用額に算入されるので特典獲得が容易になる
・iDキャッシュバック1,000円分を獲得
・dポイント スーパー還元プログラムで還元率+1%
・ポイントが分散しないので、管理が楽で結果として無駄がない

dカード GOLDの年間利用額特典では、年間100万円利用すると10,800円相当、年間200万円利用すると21,600円相当の特典(ケータイ割引クーポンやdショッピングクーポンなどから選べる)がもらえます。

dカード GOLD 年間利用額特典

出典:dカード GOLD 年間ご利用額特典(2019年5月お届け分)

ケータイ利用料金の支払いはこの年間利用額にカウントされます

ドコモの携帯電話料金の支払い、NTTファイナンスのおまとめ請求、公共料金、国民年金保険料等の支払いはお買物額累計に含まれて計算されます。

出典:dカード GOLD年間ご利用額特典

つまり、たとえ決済ポイントがつかなくても、ケータイ・ドコモ光利用料金をdカード払いすることで、年間100万円を達成が容易になり10,800円相当の特典を獲得できます。年間利用額特典を獲得すればそれだけで年会費の元を取れることになります。

 

また、入会時にケータイ利用料金をdカード払いに設定すると1,000円分のiDキャッシュバックがもらえる特典は見落とさないようにしてください。申し込み時にはケータイ料金の支払いをdカード GOLDに設定しておけばお得です。

dカード GOLD 入会特典(ケータイ料金をdカード払い)
出典:dカード GOLD公式サイト

 

1,000円分のプレゼントは、10万円のショッピング利用で獲得できるポイント数と同等の価値がある計算になります。

 

さらに、2019年6月10日から新たに始まるdポイント スーパー還元プログラムでは、ドコモ料金をdカード払いしていることが還元率が+1%の条件になります。

dポイント スーパー還元プログラム(ドコモ料金をdカード払いで+1%)

出典:dポイントクラブ dポイント スーパー還元プログラム

ケータイ利用料金に対して決済ポイントがつかなくても、その他のiD払いをしたものがすべて+1%になるならばずっとお得になる人も多いはずです。実際にわが家はスーパーやコンビニなどの支払いはiDに統一していて利用額が大きいので、還元率アップのメリットが絶大です。

dポイント スーパー還元プログラムはエントリーが必要です。詳細は公式サイトで確認して下さい。

参考:dポイントクラブ dポイント スーパー還元プログラム(公式サイト)

 

そして、私が一番重要だと思うことは、dポイントに集約させてポイントを管理するストレスを減らす&無駄をなくすということです。

ドコモ利用料金だけを別のクレジットカード払いにすると、10%ポイント還元とは別にそのクレジットカードのポイントを管理する必要があります。

表面上の還元率に踊らされてカードを作ったものの、使い道を考えるのも面倒でポイントの有効期限が切れてしまったことが何度あったことか・・・。どんなに別のクレジットカードの還元率が高くても有効に使わなければ還元率0%です!ポイントは種類が増えると管理するストレスが倍増するんですよね。

dポイントに集約してから、ポイントに対するストレスがほぼなくなりました。

dポイントは普段管理していなくても機種変更の時にたまっているのに気づけます。ドコモショップで機種変更する際にはたいていポイント数を教えてもらえますし、ドコモオンラインショップで機種変更する際もポイントを使うかどうかの選択が出てきます。dポイントの有効期限は約4年なので、4年以内に一度は機種変更するならば見落とすこともありません。

もちろん、dポイントは毎月のケータイ利用料金の支払いに充当することもできるし、ローソンやマクドナルドといった街のお店やネットショッピングでも使えるので、日常生活でお得にどんどん使えます。

dカード ケータイ補償は画面割れなどは対象外

dカード ケータイ補償は驚くほど手厚い補償内容ではありますが、だからといってすでに契約しているケータイ補償(月額)を解約していいかはよく考える必要があります。

たまに「dカード GOLDを契約すれば、既存のケータイ補償は解約できる」と断言しているサイトを見かけますが、契約状況によると考えています。

なぜならば、dカード ケータイ補償は“修理可能な補償は対象外”という大きな落とし穴があるからです。

dカード GOLDの落とし穴④
dカード ケータイ補償は“修理可能な故障”など対象外のトラブルもある
(一般のケータイ補償を解約してよいかは契約状況による)

 

dカード ケータイ補償と一般のケータイ補償の特徴を簡単に表にまとめてみます。

補償なし一般のケータイ補償dカード ケータイ補償
(dカード GOLD)
AndroidiPhone
年間料金/年会費0円6,000円
(500円/月
×12カ月)
9,000円
(750円/月
×12カ月)
10,000円
(年会費)
※初年度は14,000円相当の
入会プレゼントあり
紛失全額自己負担自己負担額
7,500円
※1年間に2回まで
自己負担額
11,000円
※1年間に2回まで
端末購入サポート額
最大10万円
※1年間に1回まで
盗難
故障全損・
水濡れ
修理可能修理サポート額
上限3,000円
全額自己負担

(税抜。一般のケータイ補償は端末の種類によって月額料金やサービス利用料金が異なるので、上記は一例。)

 

気をつけたいのはdカード ケータイ補償がすべてのトラブルに対応しているわけではないことです。

<dカード GOLDケータイ補償で対応できない主なトラブル>

修理可能な故障

②購入から3年経過した端末のすべてのトラブル

過去1年以内にdカード ケータイ補償を利用している場合のすべてのトラブル

ドコモショップへの来店ができないパターン

これらの点は認識したうえで一般のケータイ補償を解約するかを検討しましょう。

一方で、一般のケータイ補償では、月額料金以外にサービスを利用する際にもサービス利用料が発生します。例えば、Androidのケータイ補償サービス(月額500円)では、スマホを紛失して交換電話機サービスを利用すると別途7,500円が請求されます。端末購入から1年で交換電話機サービスを利用すると、月額料金6,000円(500円/月×12カ月)と7,500円の合計13,500円がかかることになります。そのような条件で比較すると、年間10,000円でケータイ補償以外の特典もついてくるdカード GOLDは破格です。

 

初年度は入会&利用特典で確実に年会費以上にお得!

dカード GOLDにしたらもらえるポイント数を事前に確認する方法

ここまでにまとめたdカード GOLDの落とし穴は、やはりケータイ・ドコモ光利用料金の10%還元に関するものがほとんどです。

「騙された」、「損した」という口コミも結局は予想していたポイント数が得られなかったという理由が大きいです。実際にdカード GOLDを作ると獲得できるポイント数が事前にわかればこのような勘違いもなくなります。

そこで、これからdカード GOLDを作る人向けにdカード GOLDを作ったら何ポイント獲得できるか簡単にわかる方法をお伝えします。それは、今もらっているポイント数を10倍することです。

dカード GOLDを持っていなくても1%分のポイントはたまっています(dポイントクラブの特典として)。この1%分のポイントにはポイント対象外の項目(端末の分割代金や消費税など)は含まれていないので、単純に10倍することでdカード GOLDでもらえるポイント数を導き出せます。この方法であれば「これはポイント進呈対象、これは対象外」などと考える手間がなく簡単です。

ケータイ・ドコモ利用料金に対するポイントは、
・dカード GOLD なし⇒1%
・dカード GOLD あり⇒10%つまり、
今もらっているポイント数×10=dカード GOLDを作ったらもらえるポイント数
(ポイント付与対象外は何かなど調べる手間が省けて簡単!)

 

現在獲得しているdポイント数は、dポイントクラブのサイトもしくはdポイントクラブのアプリから確認できます。ポイント数の確認は、1~2分でできます

詳しい確認方法も別の記事でまとめましたので参考にしてみてください。

dカード GOLDを作る前に。現在獲得しているポイントの確認方法を画像で解説!
dカードGOLDを作るとお得か手っ取り早く確認するには、現在獲得しているポイントを10倍するのがおすすめです。 今回は、dポイント履歴の確認方法を画像付きで解説します。 dカードGOLDは 今な...

 

確認できたら公式サイトからの簡単申し込みで入会特典を獲得しましょう。

初年度は入会&利用特典で確実に年会費以上にお得!

dカード GOLDを確実にお得に使いこなす方法

dカード GOLDの落とし穴は厳密に言えばデメリットではありません。知らないと「損をした」と思ってしまいますが、きちんと認識したうえdカード GOLDを使いこなすならば、ドコモユーザーにとってこれほどお得なカードはありません。

dカード GOLDを確実にお得に使いこなす方法をまとめました。

ドコモ料金の10%還元を取りこぼさない

まず、dカード GOLD最大のメリットであるドコモ料金の10%還元を取りこぼさず確実に獲得することが重要です。

dカード GOLDの落とし穴で解説した点を踏まえると、次のような対策で10%還元のメリットを最大限にしましょう。

家族カードを作る

家族の回線分は家族カードがないと10%還元になりません。家族の回線分も10%還元を受けるには回線ごとに1枚のカードが必要になります。

dカード GOLDの家族カードは最大3枚まで作ることができます。家族カードの1枚目は年会費が無料なので、絶対に申し込みましょう。家族回線の10%ポイント還元以外にも家族のケータイにも3年間最大10万円キャッシュバックのdカード ケータイ補償が無料でついてくることになるので、申し込まない理由がありません。家族カードは2枚目以降も年会費は1,000円+税と格安です。

dカード GOLDの家族カードを絶対作るべき9つのお得な理由。忘れてはいけない登録などの注意点も。
dカードGOLDを作ったけれど家族カードは作らなかったという方はいらっしゃいませんか? 「家族カードは使わないから」、「家族はドコモじゃないから」という理由で、家族カードを作らないのはもったいないですよ。 家族カードは使わなくてもいいです!家族がドコモでなくてもいいです!dカードGOLDの家族カードは持っているだけでお得なんです。大げさに言えば、使いたくなければ普段はタンスにしまっておいても大丈夫です! 今回は、dカードGOLDの家族カードを作っておくとどのようにお得か、実際に家族カードを使っている私が解説します。

ドコモ光にする

ドコモ光の利用料金も10%ポイント還元の対象です。契約タイプにもよりますが、これだけで毎月400~500ポイント(年間4,800~6,000ポイント)もたまります。

仮にドコモ光で毎月500ポイント獲得したとすれば、回線で毎月400ポイント獲得するだけで年会費の元が取れる計算です。

ドコモ光を契約するとドコモ光セット割という回線料金の割引を受けられます。

マンションで一括契約をしていて激安プランが提示されている特別な場合などを除いて、ドコモユーザーはドコモ光がおすすめです。フレッツ光に加入している場合はすぐにでもドコモ光に切り替えましょう。

乗り換えは少し面倒と思うかもしれませんが、わが家もドコモ光にしましたがすんなり切り替えられました。

ドコモ光の申し込みはこちら

メインカードすることで最大限のメリットを享受する

また、dカード GOLDをメインカードとして日常の生活でショッピング利用することで、最大限のメリットを受けられます。

dカード GOLDを年会費以上にお得にするには、メインカードにすることが一番の近道です。

年間利用額特典を獲得する

dカード GOLDにするからには年間利用額特典は必ず獲得したいです。

dカード GOLDに決済を集約して年間100万円利用すると10,800円相当の特典、年間200万円利用すると21,600円相当の特典(ケータイ割引クーポンやdショッピングクーポンなどから選べる)がもらえます。

dカード GOLD年間ご利用額特典(2018年5月お届け分の場合)

年間100万円以上年間200万円以上
ケータイ割引クーポン10,800円相当21,600円相当
d fashionクーポン10,800円相当21,600円相当
dトラベルクーポン10,800円相当21,600円相当
dショッピングクーポン10,800円相当21,600円相当
dデリバリークーポン10,800円相当21,600円相当

年間利用額特典を確実に獲得するために、まずは日々のコンビニやスーパーの買い物、引き落としまですべての支払いをdカード GOLDに統一しましょう。dカード GOLDについてくる電子マネーiDでもOKです。私は街のお店ではほとんどiD払いです。事前のチャージ不要で「タントン」とレジ前の機械にかざすだけなので支払いがとてもスムーズです。アプリでも使えます。

 

「とはいっても年間100万円や200万円は難しい」と感じた人もいるのではないでしょうか。参考として、わが家は2人ですが日々の支払いをすべてクレカに統一しいているので200万円は余裕で超えます。公共料金や国民年金保険料等の支払いも買物額累計に含まれるので、設定できるものはすべて設定しています。

200万円は無理でも100万円ならば普段の支払いをすべてdカード GOLDにまとめればあっという間にクリアという家庭も多いはずです。

ドコモが出している情報によると、ケータイ代金を含めた公共料金だけで年間60万円も使っているそうです。

ケータイ代金を含めた公共料金で年間60万円

参考:dカード はじめてのdカード

残り年間40万円をショッピングに使うだけなので、月々3.3万円とのこと。普段の買い物だけでも軽く超える金額です。定期的に旅行に行ったり家電など大きな買い物をしたりする人はなおさら達成しやすいでしょう。

 

カードのショッピング利用の還元率1%(100円につき1ポイント)とこの年間利用額特典を併せた実質の還元率は2%超になります。

年間100万円利用した場合】

ショッピング利用で10,000ポイント(100円につき1ポイント)

年間利用額特典で10,800円相当

⇒合計20,800円相当 ・・・ 実質の還元率は2%超!!

年会費が発生するとはいえ、これとは別にドコモ料金の10%還元、特約店でのポイントアップ(後述)があることを考えれば、驚異的な還元率になると言えます。

特約店でポイントアップ

dカード GOLDのショッピングの還元率が1%(100円につき1円)と聞いたときはいまいちだなと感じたのですが、実際の還元率が1%を大幅に超えていることに利用している最中に気づきました。

100円につき1ポイントより多く還元しているのは、次のような理由です。

特約店で上乗せポイントがもらえる
ローソンで5%還元(3%割引+2%ポイント還元)

dカードは利用することで上乗せポイントがたまる特約店が豊富です。

dカード 特約店

出典:dカード GOLD 公式サイト

特約店は、ENEOS、高島屋、伊勢丹、マツモトキヨシ、スターバックスカード(チャージ)、ドトールバリューカード(チャージ)など、日常での利用機会の多い有名店ばかりなので知らず知らずのうちに使っています。

dカード 特約店 一例

出典:dカード GOLD 公式サイト

特約店はdカードの公式サイトに掲載されています。

参考:dカード dポイントがさらにたまるdカード特約店

 

さらにローソンでは5%還元なのでそれだけでも還元率が底上げされます。

マツモトキヨシではポイント4倍でさらにマツキヨポイントは別にたまるので、合計で5%お得です。

dカード ローソン・マツモトキヨシ

出典:dカード GOLD 公式サイト

ローソン、マツモトキヨシが自宅や職場の近くにあるならば、日常の買い物が毎回5%ずつお得になるので絶対に活用したいです。

dポイントへの集約で無駄がない

これが予想外によかったかなと思う点ですが、これまで様々に分散してためていた各種ポイントをdポイントに集約したおかげでポイントを無駄にすることがなくなりました

ドコモユーザーであればdカード GOLDを持っていなくてもケータイ利用料金の1%分のdポイントがたまっています。普段ショッピングに使うメインカードを別に持っていたとすると、そのカードのポイントとdポイントを別々に管理しなければいけません。

こんなことってありませんか?

「有効期限内にポイントを使い切れなかった」
「ポイントを消費するためにいらないものを買ってしまった」
「500ポイント以上ためないと使えない仕組みだった」
「いろんな種類のポイントがたまっていて管理が大変」

 

わが家はまさにこのような感じでした。表面上の還元率に踊らされてカードを作ったものの、使い道を考えるのも面倒でポイントの有効期限が切れてしまったことが何度あったことか・・・。どんなに還元率が高くても有効に使わなければ還元率0%です!ポイントは種類が増えると管理するストレスが倍増するんですよね。

dポイントに集約してから、ポイントに対するストレスがほぼなくなりました。

○dポイントは使い道に困らない

・ケータイ利用料金の支払いに使える

⇒通常ポイントは毎月スマホ代の割引きに1ポイント1円から使えるから無駄なく消費できる。

街のお店(ローソンなど)でも1ポイント単位で使える

・d払いでネットショッピングでも使える

⇒d払いは期間・用途限定ポイントも使えて、キャンペーンも満載でお得

○ざくざくたまるから嬉しい

・10%ポイント還元はもちろん、特約店やキャンペーンでいつの間にかたまっている

○アプリで簡単にポイント数をチェック

・ポイントを集約したことでアプリをたまにチェックすればいいから楽

なんだかんだでポイントを集約したことで一番得をしているし、早く気づけばよかったと思っています。ドコモ回線であれば元々dポイントは1%分たまっているので、そのポイント管理が面倒という人こそdカード GOLDでポイント一本化がおすすめです。

特典をフル活用する

さらに、dカード GOLDならではの特典をフル活用することで、実質的にお得になる額が大幅にアップします。

特に飛行機での移動が多い人、年1度でも海外旅行に行くという人は、年会費相当を大きく上回ってお得になります。

不要なケータイ補償を解約する

dカード ケータイ補償は、購入から3年以内の端末の全損・紛失・盗難について10万円までキャッシュバッされるので、補償が手厚くなります。

とはいえ、dカード ケータイ補償では修理可能な故障は対象外なので、一般のケータイ補償(月額制)を解約してよいかは迷います。

私はスマホを購入して1年半たったら一般のケータイ補償を解約してdカード GOLDのケータイ補償のみにしています。この際は例えば画面割れをした場合は自腹で修理するか新しい端末に機種変更しなければいけなくなります。なので私は「画面割れしたら新しい端末に買い換えよう」と思い切れる1年半を目安に一般のケータイ補償を解約しています。わが家の場合、夫と私の通常のケータイ補償がそれぞれ月額500円だったので、年間12,000円(500円×12カ月×2台)も節約できています。これだけで年会費を払ってもお釣りがきます。

このようにdカード GOLDでもしもの時の補償を強化しつつ月額料金を安くすることもできます。

空港ラウンジを利用する

dカード GOLDを持っていれば、国内・ハワイの空港ラウンジが無料で利用できます


参考:dカード GOLD 公式サイト

国内で無料で利用できるのは29の空港とその数も多く、主要空港をカバーしているので国内出張、旅行、帰省などで飛行機を使うならば重宝することは間違いなしです。

2019年4月にはハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のIASS HAWAII LOUNGEが対象ラウンジに追加されました。
ハワイ旅行にdカード GOLDを持って行けば、行きも帰りも空港ラウンジを無料で利用できてお得です。

家族カード(1枚目無料)を作っておけば家族会員もラウンジを無料で利用できます

対象ラウンジや利用方法は別の記事にまとめました。

dカード GOLD空港ラウンジ一覧と利用方法まとめ。家族カードは可?
今回はdカード GOLDの空港ラウンジの利用特典について紹介します。 空港ラウンジが無料で利用できる特典は、飛行機を使って旅行や出張に行く機会がある方にはとってもお得な内容です。 空港ラウンジの利用に必要なものや家族会員...

旅行で役立てる(海外旅行保険、国内旅行保険)

dカード GOLDは、海外旅行保険が充実しています。

dカード GOLD 海外旅行保険・国内旅行保険(dカード公式)

参考:dカード GOLD公式サイト

dカード GOLDの海外旅行保険の優れている点は、「自動付帯」であることと、「家族特約」がついていることです。

自動付帯は利用付帯と違いdカード GOLDで旅行代金の決済をしなくても自動的に保険が適用になります。つまり、dカード GOLDを持っているだけでOK

しかも、家族特約がついてくるので、本人会員の家族にまで自動的に補償の対象になります。家族カードを作れない18歳未満のお子さんも補償されるので、子供連れの海外旅行に最適です。

dカード GOLDの海外旅行保険が優秀!自動付帯・家族特約付きで子供のいる家庭にもおすすめ。
特典が豊富なdカード GOLD。中でも海外旅行保険はとても充実した内容です。 日経トレンディ2017年10月号のクレジットカード特集では、dカード GOLDがゴールドカードランキングで堂々の第1位に選ばれていましたが、その理由...

 

国内旅行保険は利用付帯(旅行代金などのdカードGOLDでの支払いが必要)ですが、航空機が遅延や欠航になった場合の宿泊料や食事代が最大2万円まで補償されるので、いざという時に安心です。

入会&利用特典を獲得する

dカード GOLDは入会&利用特典を獲得することで、誰もが初年度は年会費以上にお得にできます。

<dカード GOLDの入会&利用特典の内容>
特典①:入会でもれなく2,000円分のiDキャッシュバック
特典②:新規申し込みと同時にドコモのケータイ料金をdカード払いに設定で1,000円分のiDキャッシュバック
特典③エントリー&入会の翌月末までに合計2万円以上dカード GOLDを使うと8,000円のiDキャッシュバック
特典④:特典③の条件を満たしつつ
④-1入会翌月末までに「こえたらリボ」設定1,000円分のiDキャッシュバック
④-2入会翌月末までに「キャッシングリボご利用枠」設定1,000円分のiDキャッシュバック

リボは設定だけでよいので実際に利用しなくてもOKです。設定のコツなど特典を全額獲得する流れは別の記事にまとめました。

dカード GOLDの入会特典で全額の13,000円分をもらう方法まとめ!損しない設定のコツも。
dカード GOLDのiDキャッシュバック増額の入会キャンペーンがスタート! もらえる額が最大14,000円分になってさらにお得に。 期間限定なので今から申し込みする人はラッキーです。⇒詳細はdカード GOLD公式サイトで確認...

 

さらに今なら期間限定で1,000円分のiDキャッシュバック増額キャンペーンが実施中です。入会しただけでもらえる金額が通常より1,000円も多いということで、合計で最大14,000円相当がプレゼントされるチャンスです。

【2019年最新】dカード GOLDで期間限定の入会キャンペーン!エントリーは?家族カードは対象?
dカード GOLD(dカードゴールド)で新たな入会キャンペーンがスタートしました。 申し込もうか迷っていた人はこれまでより確実にお得な今がチャンスです。 今回は、2019年4月に始まったdカード GOLDのiDキャッシュ...

とにかくこの入会&利用特典+増額キャンペーンを獲得することで、スタートの段階で初年度は確実に年会費以上にお得になるので、毎月のケータイ・ドコモ光の10%還元分はただただプラスになります。

このお得な入会&利用特典が実施されているうちの申し込みがおすすめです。

初年度は入会&利用特典で確実に年会費以上にお得!

まとめ

dカード GOLDの特典はわかりにくいですが、その落とし穴と対策をきちんと理解したうえでdカード GOLDを作れば、後から「思っていたよりお得にできなかった」ということもなく、特典のメリットを十分に受けられます。

<dカード GOLDの4つの落とし穴と対策>

落とし穴解決法

ドコモの請求額×10%のポイントがもらえるわけではない
(「月額9,000円以上支払っているならば年会費(1万円+税)相当のポイントを獲得できてお得」に騙されないこと)
もらえるポイント数は事前にわかる⇩
今もらっているポイント数×10=dカード GOLDを作ったらもらえるポイント数
(ポイント付与対象外は何かなど調べる手間が省けて簡単!)

家族の回線分を10%還元するには家族カードが必要。
家族カード到着後に紐付け登録を忘れずに。
家族カードの1枚目は年会費無料で本人会員と同等のサービスがついてくるから、絶対に申し込みがおすすめ。

ケータイ・ドコモ光利用料金をdカード払いにしても決済ポイント(1%)はたまらない
ただし、ケータイ利用料金をdカード払いにすると、その他のメリットが大きいからおすすめ
・年間利用額に算入されるので特典獲得が容易になる
・iDキャッシュバック1,000円分を獲得
・dポイント スーパー還元プログラムで還元率+1%
・ポイントが分散しないので、管理が楽で結果として無駄がない

dカード ケータイ補償は“修理可能な故障”など対象外のトラブルもある
(一般のケータイ補償を解約してよいかは契約状況による)
「壊れたら買い換えよう」と思える時期になれば、dカード ケータイ補償のみにしてもよいかも

 

dカード GOLDはうまく活用することでドコモユーザーは毎月のドコモ料金や日常のショッピングなどをかなりお得にできます。

<dカード GOLDを確実にお得に使いこなす方法>

ドコモ料金の10%還元を取りこぼさない家族カードを作る
ドコモ光にする
メインカードすることで
最大限のメリットを享受する
年間利用額特典を獲得する
特約店でポイントアップ
dポイントへの集約で無駄がない
特典をフル活用する不要なケータイ補償を解約する
空港ラウンジを利用する
旅行で役立てる(海外旅行保険、国内旅行保険)
入会&利用特典を獲得する最大14,000円相当で年会費よりお得

 

ケータイ・ドコモ光利用料金の10%ポイント付与は入会が完了した月から始まるので、入会完了が翌月にならないように作ると決めたら早く申し込むほうがお得です。

1か月分遅れると数百円分~1,000円分以上も損してしまいます。

実際に私の家族が申し込んだ際は申し込み後すぐに審査が完了して、即日10%分のポイントの対象となりました。

dカードGOLDは

dカードからのアップグレードでも入会&利用特典がもらえる!!

 

ドコモユーザーはdカード GOLDを作らないともったいない!!

☑ケータイ・ドコモ光利用料金の10%分のポイントがたまる!

☑ためたポイントで毎月のケータイ料金の支払いができる!

最大10万円キャッシュバックのdカード ケータイ補償!

☑充実した海外旅行傷害保険が自動付帯などの豊富な特典!

 

審査は最短5分!申し込みは簡単・インターネットで完結!