dカード GOLDの家族カードを絶対作るべき9つのお得な理由。忘れてはいけない登録などの注意点も。

dカード GOLD家族カード

dカード GOLDを作ったけれど家族カードは作らなかったという方はいらっしゃいませんか?

「家族カードは使わないから」、「家族はドコモじゃないから」という理由で、家族カードを作らないのはもったいないですよ。

家族カードは使わなくてもいいです!家族がドコモでなくてもいいです!dカード GOLDの家族カードは持っているだけでお得なんです。大げさに言えば、使いたくなければ普段はタンスにしまっておいても大丈夫です!

今回は、dカード GOLDの家族カードを作っておくとどのようにお得か、実際に家族カードを使っている私が解説します。

dカードGOLDは

今なら最大14,000円相当のプレゼントがもらえる!!

 

 

ドコモユーザーはdカード GOLDを作らないともったいない!!

☑ケータイ・ドコモ光利用料金の10%分のポイントがたまる!

☑ためたポイントで毎月のケータイ料金の支払いができる!

最大10万円キャッシュバックのdカード ケータイ補償!

☑充実した海外旅行傷害保険が自動付帯などの豊富な特典!

 

審査は最短5分!申し込みは簡単・インターネットで完結!


  

時間がない方は、まずは目次の「まとめ」に家族カードの特典をまとめています。

 

ドコモユーザーによく読まれている記事

dカード GOLDがお得か一番簡単にわかる方法!騙されたとならないために。 オススメ

家族カードの基本情報

まずは、dカード GOLDの家族カードの基本情報についてです。

入会条件

公式ホームページには、家族会員の入会条件について次のようにあります。

dカードおよびdカード GOLD会員と生計を共にする満18歳以上(高校生は除く)の配偶者、お子様、およびご両親
※本会員が学生の場合は、家族会員は配偶者に限ります。

その他当社が定める条件を満たすお客様

出典:dカード家族カード

本人会員もですが、家族会員もドコモの契約者でなくても問題ありません

発行枚数

dカード GOLDの家族カードは、3枚まで発行可能です。
(1度に申し込める枚数は1枚なので、複数枚申し込む場合は1枚ずつ申し込みが必要です)

年会費

dカード GOLDの本人カードの年会費は10,000円ですが、家族カード(1枚目)の年会費は無料です!これは前年度の利用額などの条件なしで、無料となります。

家族カード2枚目以降は、前年度の利用の有無によらず、1枚につき1,000円+税の年会費が発生します。

入会条件を満たす家族がいる方は、絶対に家族カードを1枚(無料)発行しておいたほうがよいです。




家族カードがおすすめな理由

それではここから本題のdカード GOLDの家族カードを作っておいたほうがいい理由を9点挙げていきます。

①1枚目は年会費無料

前述のとおり、dカード GOLDの家族カードの1枚目は年会費が無料

これから説明する特典がついてくることを考慮すると「無料ならば絶対に作っておいたほうがいい!」と感じると思います。

dカード GOLD 家族カード 1枚目は年会費無料参考:dカード GOLD公式サイト

②ショッピングでのポイント還元率1%

dカード GOLDは、普段のショッピングや公共料金の引き落としでも1%分(100円につき1ポイント)のポイントがたまります。家族カードも本人カードと同じ還元率1%。そして、たまったdポイントをケータイ利用料金の割引に1ポイント=1円から使えます

dポイントはケータイ利用料金に1Pから利用可能!申し込み手順と一番お得な支払いのコツを公開。
dポイントは、ローソンやマクドナルド、ネットショッピングにも利用できて、使い道が豊富なポイント制度です。 数多いdポイントの使い道の中でもお得感が高いのが、ドコモのケータイ回線の利用料金の支払いに利用するという方法です。201...

よりポイント還元率の高いクレジットカードとしてはリクルートカード(還元率1.2%)がありますが、貯まるのはリクルートポイントなのでdポイントと別に管理をしなければいけません。「クレジットカードを複数持ちたくない」、「ポイントは1つにまとめてスッキリ管理したい」、「たまったポイントを何に使えばいいのかわからない」という人は、dカード GOLDを家族全員で普段使いにしてザクザクdポイントをためてケータイ利用料金の支払いに使ってしまえばOKです。

dカードをメインカードにすることで、ケータイ利用料金の大幅な節約に繋がります。

2018年5月に新設されたずっとドコモ割プラスでは、dカード GOLDをショッピング利用するとメリットが絶大です。

ずっとドコモ割プラスはdカード GOLDで最強に!ドコモ長期利用者でなくても料金割引を受けられる方法。
2018年5月からこれまでのずっとドコモ割が「ずっとドコモ割プラス」としてサービス内容が変更になりました。 変更内容を紐解いていくと、dカード GOLDの契約者にメリットが出やすい改定とわかりました。 今回は、ずっとドコモ割プラ...

③家族のケータイ利用料金にもポイント10%

dカード GOLDの契約者は、ケータイ・ドコモ光利用料金の10%分(1,000円につき100円)のポイントがたまります。しかも、ケータイ利用料金をdカード GOLD以外のクレジットカードで支払っても10%分のポイントがたまります。

ただし、本人カードを持っているだけでは本人会員のケータイ料金のみしかポイント付与の対象になりません。家族のケータイ利用料金に対しても10%分のポイントをためる場合は、家族カードの作成が必要になります。家族会員のケータイ利用料金をdカード GOLD以外のクレジットカードで支払っても、本人会員同様に10%分のポイントがたまります。

家族カード(dカード公式)

参考:dカード GOLD公式サイト

注意すべきは、家族でシェアパックを利用していて家族会員のケータイ利用料金の請求が1,000円に満たない場合(月々サポートを利用している場合など)は残念ながら家族会員のケータイ利用料金にはポイントがつかない計算になります(1,000円につき100ポイントであるため)。家族の請求額が1,000円以上(税抜)になっているかをまずは確認しましょう。

消費税やケータイの購入代金などポイント付与の対象外となる項目は別の記事にまとめました。

dカード GOLDの年会費相当のポイントを獲得するには?ケータイ・ドコモ光料金の10%ポイント還元&特典も充実!
最大10万円のケータイ補償や海外旅行保険などの充実した特典が魅力のdカードGOLD。dカードGOLDはケータイ・ドコモ光の料金の10%分のdポイントがたまるので、ヘビーユーザーは年会費分のポイントを獲得して実質無料できます。実際にどのくらい料金を支払っていれば年会費分のポイントがたまるのか解説。

なお、作成後に家族カードに必要な登録(後述)をしないと、家族会員分のポイントがたまらないので、カード到着後に忘れずにすぐ登録を済ませましょう。

④dカード ケータイ補償で最大10万円キャッシュバック

家族もドコモユーザーの場合は、このdカードケータイ補償は最も魅力的な特典の1つです。

dカードケータイ補償は、次のようなサービスです。

dカード GOLDで利用中の携帯電話端末が、購入から3年以内に偶然の事故により紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損など)となってしまい、新たに同一機種・同一カラーの携帯電話端末をドコモショップでdカード GOLDにて購入した場合に、購入費用を最大10万円までサポートするサービス

dカード GOLDケータイ補償(dカード公式)参考:dカード GOLD公式サイト

このサービスは、本人会員だけではなく家族会員も対象になるんです。しかも、補償の条件は本人会員とまったく同じ!10万円までのキャッシュバックが家族会員も受けられるなんてお得すぎますね。

 

 

会員数500万突破!!


dカードケータイ補償は、修理可能な故障は対象外などのいくつかの注意点があるので、別の記事に詳しくまとめています。

dカード GOLDのケータイ補償を使ってみた!圧倒的なお得さと注意点まとめ。審査の流れも詳しく紹介。
先日、dカードGOLDのケータイ補償を使って無料で新しいスマホを手に入れることができたので、実際どのように手続きしたのか紹介します。コールセンターに確認した審査に落ちるパターンや注意点などについても詳しく解説!

家族会員が補償を受ける際は、新端末の決済は家族カードでするなどの条件があるので、利用する際はこちらの記事も参考にしてみてください。

家族会員も最大10万円補償!dカード GOLDのケータイ補償を家族カードで利用する際の4つの注意点
dカードGOLDのケータイ補償は、最大10万円が補償されますが、この補償はなんと本人会員だけでなく家族会員にも適用されるのです!ただし、注意が必要な点があります。これを間違えると、残念なことに補償を受けられなくなってしまいます。公式サイトにも詳しく記載がない家族会員のケータイ補償について解説。

⑤国内・ハワイの空港ラウンジが無料

dカード GOLDの会員は、全国29の空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港でラウンジを無料で利用できます。本人会員以外に家族会員も対象です。家族会員が利用する際には家族カードの提示が必要です。家族カードを提示すれば、家族会員1人だけでも空港ラウンジを無料で利用することができます。

使える空港数も多いです(私が持っている他のクレジットカードは10の空港でしか使えません)。


参考:dカード GOLD 公式サイト

2019年4月から、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のIASS HAWAII LOUNGEが対象ラウンジに追加されました。ハワイ旅行にdカード GOLDを持って行けば、行きも帰りも空港ラウンジを無料で利用できてお得です。

なお、空港ラウンジは家族会員でない家族は入場料金が取られます。普段は家族カードを使わないから必要ないという方も、旅行や出張で空港を利用する時のためにdカード GOLDを作っておけばお得ですね。

利用できるラウンジ一覧を別の記事でまとめました。

dカード GOLD空港ラウンジ一覧と利用方法まとめ。家族カードは可?
今回はdカード GOLDの空港ラウンジの利用特典について紹介します。 空港ラウンジが無料で利用できる特典は、飛行機を使って旅行や出張に行く機会がある方にはとってもお得な内容です。 空港ラウンジの利用に必要なものや家族会員...

この特典は家族がドコモユーザーでない場合であっても、利用できるサービスです。



⑥海外旅行保険が充実

dカード GOLDは、海外旅行保険が充実しています。

dカード GOLD 海外旅行保険・国内旅行保険(dカード公式)

参考:dカード GOLD公式サイト

dカード GOLDの海外旅行保険の優れている点は、「自動付帯」であることと、「家族特約」がついていることです。

自動付帯は利用付帯と違いdカード GOLDで旅行代金の決済をしなくても自動的に保険が適用になります。つまり、dカード GOLDを持っているだけでOK

しかも、家族特約がついてくるので、本人会員の家族にまで自動的に補償の対象になります。家族カードを作れない18歳未満のお子さんも補償されるので、子供連れの海外旅行に最適です。

dカード GOLDの海外旅行保険が優秀!自動付帯・家族特約付きで子供のいる家庭にもおすすめ。
特典が豊富なdカード GOLD。中でも海外旅行保険はとても充実した内容です。 日経トレンディ2017年10月号のクレジットカード特集では、dカード GOLDがゴールドカードランキングで堂々の第1位に選ばれていましたが、その理由...

 

dカード GOLDで旅行費用を決済する(利用付帯)ことで、障害死亡は1億円と補償金額を大幅にアップさせることもできます。

dカード GOLDの保険金額は、次のとおりです。

本人会員・家族会員本人会員の家族
自動付帯利用付帯自動付帯・利用付帯
傷害死亡5,000万円1億円1,000万円
傷害後遺障がい200万円~
5,000万円
400万円~
1億円
40万円~
1,000万円
傷害・疾病治療費用
(一事故/一疾病の限度額)
300万円50万円
賠償責任
(一事故の限度額)
5,000万円1,000万円
携行品損害50万円
(一事故あたりの自己負担額3,000円)
15万円
(一事故あたりの自己負担額3,000円)
救援者費用500万円 50万円
海外航空便遅延費用特約
乗継遅延による宿泊・食事費用2万円2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用1万円1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用2万円2万円
出航遅延・欠航による食事費用1万円1万円

参考:dCARD 海外旅行保険

⑦ローソンでのお買い物が5%還元

ローソンでdカード決済をすると、3%割引+2%のポイント還元で合計5%の還元が受けられます!

家族カードももちろん還元の対象です。

dカード GOLDについてくるiD(電子マネー)で決済しても還元が受けられます。iDは事前の入金が必要なく(dカードから事後引き落とし)、小銭を出さなくて済むので会計がとても楽ですよ。

ローソンでdカードを使って5%お得に買い物できた!実際の明細で割引やポイント付与の仕組みを解説
ローソンで毎回5%お得に買い物しませんか?ローソンをよく利用する人には、dカードがおすすめ!クレジットもしくはiD決済で、請求額から3%割引!さらに2%分のdポイント付与で合計5%が節約できるというお得さ。dカードはドコモユーザー以外でも申し込みできます。実際に使ってわかった割引やポイント付与の仕組みを細かく解説。

例えば、平日は毎日ローソンで500円の買い物をしている(月に1万円の利用)場合、1年間で6,000円分(3,600円割引 & 2,400円分dポイント)の還元が受けられます!これは大きいですよね。

ローソンによく行く人は、dカードのiD決済で5%還元&時短でお得に買い物しましょう。

⑧家族カードでも特約店ポイントがたまる

dカード特約店でdカード決済やiD決済をすると、通常のショッピングポイント(1%)に上乗せして+1.5〜10.5倍のポイントが加算されます。これは家族カードでの決済でも同じです。

特約店は髙島屋や三越・伊勢丹などがあります。スターバックスカードもポイント加算されます。

2019年4月時点のdカードの特約店と上乗せされるポイント数の一覧です。

サービスカード払いiD払い上乗せ獲得ポイント
カーライフ
ENEOS100円で1ポイント
オリックスレンタカー×100円で3ポイント
旅行

JAL×100円で1ポイント
JALパック×100円で1ポイント
dトラベル×100円(税込)で1ポイント
JTB×100円で2ポイント
(専用ナビダイヤルでの申込み)
クラブメッド×100円で3ポイント
旅行代金がいつでも5%割引
ルートインホテルズ100円(税込)で1ポイント
ショッピング高島屋×100円で1ポイント
高島屋免税店SHILLA&ANA
×100円で4ポイント
ジェイアール名古屋タカシマヤ・タカシマヤ ゲートタワーモール
×100円(税込)で1ポイント
三越×100円で1ポイント
伊勢丹×100円で1ポイント
マツモトキヨシ100円(税込)で2ポイント
タワーレコード×100円で1ポイント
紀伊國屋書店×100円で1ポイント
洋服の青山×100円で1ポイント
紳士服のコナカ100円で2ポイント
紳士服のフタタ100円で2ポイント
THE SUIT COMPANY×100円で1ポイント
第一園芸100円で1ポイント
多慶屋×100円で1ポイント
リンベル×100円で4ポイント
ネットショッピングドコモオンラインショップ×100円(税込)で1ポイント
ドコモセレクト商品購入時は、さらに100円(税別)で1ポイント
dカード ポイントUPモール×最大10.5倍のポイント
dショッピング×100円(税込)で1ポイント
対象ストアの利用でさらに100円(税別)で1ポイント
d fashion×100円(税込)で1ポイント
対象ストアの利用でさらに100円(税別)で1ポイント
ショップジャパン×100円で1ポイント
本・出版日経ヴェリタス×100円で2ポイント
日経ビジネス×100円で4ポイント
日経WOMAN×100円で2ポイント
プレジデント社×100円で2ポイント
レストラン・カフェスターバックス カード×100円で3ポイント
ドトール バリューカード×100円で3ポイント
dデリバリー×100円(税込)で1ポイント
対象ストアの利用で、さらに0.5~10%のポイント
伊達の牛たん本舗100円で2ポイント
ジェイアンドジェイグループ×100円で3ポイント
引越しサカイ引越センター×100円で3ポイント
ほかに段ボール最大50箱まで無料など
レジャービッグエコー×100円で2ポイント
交通東京無線タクシー100円で1ポイント
チェッカーキャブ100円で1ポイント
さわやか無線センター×100円で1ポイント

出典:dポイントがさらにたまる dカード特約店

「税込」との記載がない場合は、税抜金額に対してポイントが加算されます。

獲得できるポイント数などは時期によって変化します。また、取り扱い店舗や支払い方法が限られる場合があるので、最新情報は公式ホームページで確認してください。

⑨ETCカードが無料

dカード GOLD会員は、ETCカードを年会費無料で発行できます。しかも、家族会員にもETCカードが発行でき、初年度の年会費は無料(2年目以降も、前年に一度でも利用があれば年会費は無料)です。

dカード GOLD ETCカード
参考:dカード GOLD公式サイト

家族カードを複数枚持っている場合は、家族会員ごとにETCカードを発行でき、ETCカードを最大4枚(本人会員1枚+家族会員3枚)発行したとしてもすべて初年度の年会費が無料です(2年目以降も、ETCカードごとに1年間に一度でも利用があれば年会費は無料)。車を複数台持っている方にとっては、無料で複数枚のETCカードが持てるのは嬉しいサービスですよね。

本人会員のETCカードは、本人カードの申し込みと同時に発行の希望を出せますが、家族会員のETCカードは家族カードができてからの申し込みになります(申し込み方法はサイト、郵送、ドコモショップに本会員が来店の3種類)。

なお、ETCカードの利用代金はdカード GOLDの利用代金として支払うことになり、ETCカードの利用でも100円につきdポイントが1ポイントたまります。




家族カードの申し込み方法

家族カードの申し込み方法は3通りあります。

①インターネット、spモード

②家族カード入会申込書(郵送)

③ドコモショップ ※本人会員の来店が必要

郵送は、書類の取り寄せに約1週間かかります。

インターネットや郵送での本人カードと同時に申し込めるのは、家族カード1枚までです。家族カード2枚目以降は、本人カードの到着後に申し込むことになります(インターネット、郵送どちらでも可)。

ドコモショップでの申し込みの場合は、本人カードの申し込みと同時であっても最大3枚まで家族カードの申し込みが可能です。

ただし、ドコモショップは待ち時間などがあるので、時間をかけずに申し込みたいという場合は、インターネットからの申し込みがおすすめです。

 

 

会員数500万突破!!


わが家は本人カードの申し込み時に家族カード1枚を同時に申し込みました。本人カードと家族カードを同時に申請した場合、無事に審査に通過すると家族カードは本人カードと同じ封筒で到着します。ただし、コールセンターによると本人カードの審査が終わってから家族カードの審査が始まるため、家族カードの到着は本人カードの到着後1~2週間後になることもあるとのことでした。簡易書留なので、それぞれ名義人本人でなくても受け取れます。

発行後の注意点

家族会員がドコモ契約者の場合は、家族会員のケータイ料金の10%分のポイントをためるために、家族カードの発行後に次の2つの登録が必要です。

ポイントをためる・利用するための登録が必要

電話番号登録:ポイントをためるための登録
 (家族カードと家族の携帯電話を紐づける)
利用者情報登録:ポイントを使うための登録
 (ポイント機能利用のために必要)

dカードゴールドデスクによると、②の利用者情報登録はポイントを使う時までにすれば問題ないとのことですが、①の電話番号登録はすぐに登録しないと家族会員分のポイントがつかないので要注意です。

具体的にいつまでに電話番号登録をすればいいかというと、月末までに①電話番号登録をすれば、その月の料金分のポイントがたまるとのことでした。

カードが到着したら、同封の『スタートアップガイド』を見てすぐに登録してしまいましょう。




まとめ

dカード GOLDの家族会員がドコモ契約者の場合と契約者以外の場合に分けて、今回紹介した特典をまとめると次のとおりです。

家族会員がドコモ契約者家族会員がドコモ契約者以外
①家族カード(1枚目)が無料
②ショッピングでのポイント還元率1%
③ケータイ・ドコモ光料金の10%ポイント還元×
④dカードケータイ補償×
⑤主要国内・ハワイの空港ラウンジが無料
⑥海外旅行保険
⑦ローソンで5%還元
⑧dカード特約店で+1.5~10.5倍のポイント付与
⑨ETCカードの発行が無料

家族会員がドコモユーザーでなくても、かなりたくさん使える特典がありますよね。

dカード GOLDの家族カード(1枚目)は年会費が無料なのにも関わらず、特典がとにかく豪華!

私も初めは興味がなかったのですが、作ってみたらベストスリーに入るお気に入りクレジットカードになりました。

1枚目は年会費が無料なので、家族カードは1枚は必ず作っておきましょう

 

dカードGOLDは

今なら最大14,000円相当のプレゼントがもらえる!!

 

ドコモユーザーはdカード GOLDを作らないともったいない!!

☑ケータイ・ドコモ光利用料金の10%分のポイントがたまる!

☑ためたポイントで毎月のケータイ料金の支払いができる!

最大10万円キャッシュバックのdカード ケータイ補償!

☑充実した海外旅行傷害保険が自動付帯などの豊富な特典!

 

審査は最短5分!申し込みは簡単・インターネットで完結!


公式サイトのdカード GOLDの内容は、とてもよくまとまっていてわかりやすいです。

 

「dカード GOLDを作ったら、どのくらいお得になるの?」という方には、こちらの記事がおすすめ。

dカード GOLDが実際にお得か一番簡単にわかる方法!騙された・損したとならないために。
ドコモユーザーなのにまだdカードGOLDを持っていないならもったいない!ケータイ利用料金の10%分のポイントがたまるうえに、たまったポイントはケータイ利用料金の支払いにも使える!年会費以上にお得になるのか確認する簡単な方法を解説。最大10万円キャッシュバックのdカードケータイ補償、自動付帯の海外旅行保険など魅力的な特典も。

 

<NEWS>

dカード GOLDの契約者は、どんどん増えて2019年1月に会員数が500万を突破しました。ドコモユーザーにとってお得なことが知られてきたせいか、ドコモユーザーはかなりの割合でdカード GOLDを持っている計算です。

参考:dカード「dカード GOLD」の会員数が500万を突破 <2019年2月1日>

 

日経トレンディ2017年10月号のクレジットカード特集では、dカード GOLDがゴールドカードランキングで堂々の第1位に選ばれていました!!

dカード GOLD(日経トレンディ 2017年10月)

出典:日経トレンディ 2017年10月号(日経BP社)

dカード GOLDが実際にお得で注目度・人気が高いことが伺えます。