Amazonフレッシュの料金や配送エリア・時間は?実際にサイトを確認してみた。30日間の無料体験も!

Amazonフレッシュ

テレビでAmazonフレッシュのサービス』が開始というニュースを見ました。Amazonはまた新しいサービスを提供するのですね。

気になったので、「Amazonフレッシュとはどんなサービスか」、「発生する料金はいくらなのか」、「どんな商品を取り扱っているか」などについて調べてみました。

<Amazonフレッシュの関連記事>

Amazonフレッシュのメリット・デメリットをまとめました。見落としがちな注意点を発見!

Amazonフレッシュのメリット・デメリットまとめ。見落としがちな注意点も。配送の速さは魅力だがサービス面は?
2017年4月21日にサービスが開始したAmazonフレッシュ。 生鮮食品がAmazonで注文できるということで注目を集めてい...




Amazonフレッシュとは

Amazonフレッシュ(アマゾンフレッシュ)とは、生鮮食品、その他食料品、お菓子、日用品・雑貨、などを配送するサービスです。

日本でのサービスは、2017年4月21日に開始されました。

NHKのニュースによると、アメリカ、イギリスに続いて3か国目とのことです。

Amazonフレッシュのポイント

Amazonフレッシュのサービスの大きな特徴は次の通りです。

Amazonプライム会員とAmazon Student会員のみ利用可能

会費は、月額500円(税込)

配送料は、500円(税込)(6,000円以上の注文で無料に)

・配達エリアは、都内の一部地域に限られている(順次拡大予定)

・配達時間は、午前8時から深夜0時までの間で、2時間ごとのお届け時間帯から好きな時間帯を選べる。最短で当日または翌日に配送

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

料金

Amazonフレッシュを利用する際にかかる料金は、いくらでしょうか。ヘルプページに次のように記載がありました。

Amazonフレッシュにお申し込みいただいたAmazonプライム会員およびAmazon Student会員は、月額500円(税込)でAmazonフレッシュをご利用いただけます。

Amazonフレッシュには、食料品、日用品・雑貨、専門店グルメをはじめとする商品の1回のご注文が6,000円(税込)以上の場合、配送料が無料になる特典があります。

出典:Amazonフレッシュについて

Amazonフレッシュを利用する際の料金は次の3つで構成されているということですね。

①Amazonプライム会員・Amazon Student会員の年会費

②Amazonフレッシュの会費

③配送料

具体的に発生する金額は、会員種類によって次のように異なります。

Amazonプライム会員の場合:年会費3,900円(税込)+会費500円(税込)/月+送料

Amazon Student会員の場合:年会費1,900円(税込)+会費500円(税込)/月+送料

※Amazonプライム会員は、月間プランではなく年会費で計算。

では、料金についてそれぞれもう少し詳しく確認していきます。

①Amazonプライム会員・Amazon Student会員の年会費

アマゾンフレッシュを利用できるのは、Amazonプライム会員とAmazon Student会員のみです。

・Amazonプライム会員 ⇒ 年会費3,900円(税込) ※月間プランの場合は400円(税込)/月

・Amazon Student会員 ⇒ 年会費1,900円(税込)

※2017年6月にAmazonプライム会員に月間プラン400円(税込)が登場しました。ただし、月間プランを継続して契約すると1年間で4,800円(400円×12か月)と年会費3,900円よりだいぶ高くなります。Amazonプライムは無料体験期間があるので、お試しのために月間プランを契約する必要もありません。月間プランは1年間のうち一定の時期しか利用しない方向けです。

Amazon Studentは、学生向けの会員制プログラムです。

参考:Amazon Studentについて

Amazonプライム会員は30日間、Amazon Student会員は6か月間の無料体験期間があります(無料体験期間が終わると、有料のAmazonプライム会員へ自動的に切り替わります)。

私は、Amazonプライム会員です。プライム・ビデオ、Prime Musicなどの特典が使えるので気に入って数年継続登録しています。

②Amazonフレッシュの会費

Amazonフレッシュの利用するための会費は、月額500円(税込)です。

③配送料

Amazonフレッシュの配送料は、500円(税込)です。

食料品、日用品・雑貨、専門店グルメをはじめとする商品の1回の注文が6,000円(税込)以上の場合は、配送料が無料になります。

◆会費引き落とし

Amazonフレッシュ会費は、Amazonプライム・Amazon Studentの会費とは別に請求されます。引き落としに使われるクレジットカードは同一です。

◆30日間の無料体験

Amazonフレッシュは、30日間無料体験があります。

Amazonフレッシュ 30日間無料体験

出典:Amazonフレッシュ

この無料体験では、会費500円(税込)が30日間無料になります。無料期間が終了すると自動的に有料の500円(税込)の月額プランに移行します。

無料体験期間中であっても、6,000円(税込)未満の注文には500円(税込)の配送料がかかります。

もし、Amazonプライム会員の登録がまだの場合は、Amazonプライム会員の無料体験と併せて申し込めば、Amazonプライム会員特典もAmazonフレッシュも30日間は無料で利用できます。



配達エリア

Amazonフレッシュの配達エリアは、サービス開始の2017年4月21日現在では、東京都内の一部エリアに限定されており、今後拡大していく予定とのことです。

対象のエリアがどこかまとめているページがなく、具体的にどこの地域かは回答していないそうです。対象のエリアであるかどうかの確認方法は、Amazonフレッシュのサイトで配達先の郵便番号を入力(後述)して確認するしかないそうです。また、拡大予定エリアも現状ではわかりません。(Amazonカスタマーサービスにチャットで確認)

その後、郵便番号入力をして調べたところ、港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区の6区が配達エリアのようです(ただし、この6区でも全域が対象かは不明です)。

配達時間

Amazonフレッシュの配達時間は、午前8時から深夜0時までの間です。2時間ごとのお届け時間帯から好きな時間帯を選んで配達をお願いできます。

最短で当日または翌日に配送します。当日の場合は最短で4時間だそうです。

生鮮食品も扱っているので、置き配サービスおよび宅配ボックスへのお届けはできません。

Amazonフレッシュの使い方

まず、さっそくサービス内容を見てみようと、Amazonのトップページを開いたのですが、探しても探してもAmazonフレッシュのサービスが見当たりません。カテゴリー欄にも表示されず・・・。

googleで検索しても表示されず、困ってAmazonカスタマセンターのチャットサービスに問い合わせてみました。

(追記:その後、google検索でAmazonフレッシュが表示されるようになりました。)

Amazonフレッシュのサイトへ

Amazonのカスタマーサービスによると、Amazonフレッシュのサイトへは現状(2017年4月21日AM)ではAmazon.co.jpのトップページから進めず、URLから進むしかないようです。

Amazonフレッシュ

https://www.amazon.co.jp/fresh

Amazonのヘルプページからも同じページに移行できます。

参考:Amazonフレッシュについて

(通常Amazon.co.jpのトップページからカテゴリ内にフレッシュの項目が出てくるのですが現在システム上、不具合があるために修復中とのことです。いずれはトップページからAmazonフレッシュに移行できるようになるようですね。)



郵便番号の入力

Amazonフレッシュの配達エリアは、2017年4月21日時点では東京都内の一部のエリアに限らています。

そのため、Amazonフレッシュのトップページを開くと、まずは配達先の郵便番号の入力を求められます。

Amazonフレッシュ 郵便番号入力

対象エリアである郵便番号を入力すると、『ショッピングを続ける』というボタンが押せるようになり、Amazonフレッシュのサイトが表示されます。

ここでは対象エリアである港区の郵便番号を入力してみました。

Amazonフレッシュ 郵便番号(対象エリア)

対象エリア外の郵便番号を入力すると、このように対象エリア外であることが表示されます。

Amazonフレッシュ 郵便番号入力(対象エリア外)

なお、配達先が対象エリアであればいいので、Amazonに登録している住所とは違っても大丈夫です。

ここではあくまで郵便番号の“入力”であって、“登録”ではないそうです。

届け出先の住所の登録は、Amazonフレッシュから別途行うようです。

Amazonフレッシュ 新規お届け先住所作成

取り扱い商品

気になるのはどんな商品を取り扱っているかですよね。

カテゴリーを見ると、野菜・果物・お肉・お魚はもちろん、冷凍食品からお菓子、ベビー用品まで幅広く取り扱っていました。

Amazonフレッシュ 取り扱い商品1

Amazonフレッシュ 取り扱い商品2

例えば、野菜を見てみると、

多くの種類を取り扱っているようです。アイコンがわかりやすいです。

Amazonフレッシュ 野菜

私にとって値段の目安がわかりやすいきゅうりを見てみると、、、

Amazonフレッシュ 野菜(きゅうり)

3本で119円・・・1本あたり40円弱ですか。もっと高いかと思っていました。

これならばうちの近くのイオンとは同じ水準です。

オイシックスも取り扱っているんですね。

ここのところやっと値段が下がってきたかなというキャベツは、、、

Amazon野菜(キャベツ)

これもイオンとは同じ水準ですね。

予想ではすごく高いんだろうなと思っていたので、普通な価格で驚きました。

無料期間終了後は会費がかかるのと、6,000円未満は配送料がかかるので、スーパーよりかはお高いことは確かですが。。

少し珍しいかなと思ったのは、専門店グルメというページ。

Amazonフレッシュ 専門店グルメ

人形町今半のお肉なども取り扱っているんですね。

Amazonフレッシュ 人形町今半

『専門店グルメ』のメリットをまとめました!あの人気商品がAmazonフレッシュでだけ通販で買える!

Amazonフレッシュのお得な使い方!あの有名店の商品が早く届く専門店グルメが便利!
2017年4月21日にサービスが開始されたAmazonフレッシュ。 Amazonフレッシュは生鮮食品の配送というイメージですが...

まだ、サービス開始当日で私も研究段階なので、これから他にどんな食品を扱っているかや操作性を試してみようと思います。



まとめ

Amazonフレッシュは、有料会員であるAmazonプライム会員・Amazon Student会員のみ利用できるサービスです。

Amazonフレッシュを利用するための会費は、月額500円(税込)かかります。配送料は、500円(税込)ですが、6,000円以上の購入で無料になります。

Amazonフレッシュには30日間の無料体験があります。この無料体験ではAmazonフレッシの会費が30日間無料になります。無料期間終了後は自動的に有料コースに移行することと、無料期間中であっても6,000円未満の買い物には配送料500円(税込)がかかることに注意が必要です。

配達エリアはサービス開始時点では都内の一部地域に限られていますが、順次拡大予定とのことです。

取り扱っている商品は幅広く、配達時間は午前8時から深夜0時までの間で2時間ごとのお届け時間帯から好きな時間帯を選んで配達をお願いできます。配送は最短で当日または翌日です。

Amazonは色んなサービスを打ち出してくるなと思うものの、このニュースを聞いて気になったのはやはり「配達員不足なのに大丈夫??」という点でしょうか。NHKのニュースによると配達は中小の事業者に委託しているとのことでしたが、野菜ならスーパーで買えるしなぁといいたところがとりあえずの印象です。

ただ、買い物に行くのが難しい時や買いだめ用になら使いやすいかもしれないですね。

Amazonフレッシュのメリット・デメリットをまとめました。見落としがちな注意点を発見!

Amazonフレッシュのメリット・デメリットまとめ。見落としがちな注意点も。配送の速さは魅力だがサービス面は?
2017年4月21日にサービスが開始したAmazonフレッシュ。 生鮮食品がAmazonで注文できるということで注目を集めてい...

Amazonフレッシュの隠れたお得な使い方あの人気商品がAmazonフレッシュでだけ通販で買える!

Amazonフレッシュのお得な使い方!あの有名店の商品が早く届く専門店グルメが便利!
2017年4月21日にサービスが開始されたAmazonフレッシュ。 Amazonフレッシュは生鮮食品の配送というイメージですが...

今一番見られている記事>

万が一の時、きちんと緊急通知がくるか確認してありますか?今確認しておきたいJアラート(全国瞬時警報システム)の受信設定の確認方法などについて。

スマホでのJアラート受信設定と確認事項まとめ。格安スマホで受信できる?おすすめのアプリも。
先日、ドコモの携帯電話では緊急速報「エリアメール」でJアラートが受信できること、設定の確認方法などをまとめたところ、「ドコモ以外は?...

<ドコモの方へおすすめな情報!>

ケータイ・ドコモ光料金を割引できる方法、知ってますか?

dカードGOLDを作るとお得か一番簡単にわかる方法!自分が獲得できるポイント数は?ためたポイントでケータイ料金が割引に。
dカードGOLDをおすすめされたけど、実際にメリットがあるのかよくわからないという方のために、dカードGOLDを作ったら何ポイントた...

dカードGOLDは、今なら最大12,000円相当プレゼントの入会キャンペーン中です!!

当ブログからのお申し込みも適用されます。

申し込み前のチェックポイントや注意点はこちら

dカードGOLDのケータイ補償を使って、約10万円のスマホに無料で機種変更しました。

dカードGOLDのケータイ補償を使ってみた!圧倒的なお得さと注意点まとめ。審査の流れも詳しく紹介。
先日、スマホを落として画面割れになった際に、dカードGOLDのケータイ補償を使って無料で新しいスマホを手に入れることができました。 ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする